お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-03 13:10
[招待講演]LoRaWAN: new IoT access networks, opportunities and challenges
Yao-Chung ChangNTTUIA2016-26
抄録 (和) Daily life applications of Machine-to-Machine (M2M) communication are constantly increasing. The unprecedented way that M2M communication connects communication-enabled devices enables the Internet of Things (IoT) and Lower Power Wide Area Networks (LPWAN). Hence, this study introduces the new technology Long Range Wide Area Network (LoRaWAN) which is designed for long-range applications of M2M communication. LoRaWAN with low bandwidth requirements that is typical for IoT and M2M scenarios are not well supported by existing technologies. It is optimized for low power consumption and to support large networks with millions of devices. LoRaWAN has innovative features, support location, low-cost, and low-power; also it can even run on energy harvesting technologies. The issues of LoRaWAN are discussed including long range capability, low power communication, single gateway and device classes. In the near future, LoRaWAN can address a massive IoT market segment where existing cellular and Wi-Fi technologies have some challenges. 
(英) Daily life applications of Machine-to-Machine (M2M) communication are constantly increasing. The unprecedented way that M2M communication connects communication-enabled devices enables the Internet of Things (IoT) and Lower Power Wide Area Networks (LPWAN). Hence, this study introduces the new technology Long Range Wide Area Network (LoRaWAN) which is designed for long-range applications of M2M communication. LoRaWAN with low bandwidth requirements that is typical for IoT and M2M scenarios are not well supported by existing technologies. It is optimized for low power consumption and to support large networks with millions of devices. LoRaWAN has innovative features, support location, low-cost, and low-power; also it can even run on energy harvesting technologies. The issues of LoRaWAN are discussed including long range capability, low power communication, single gateway and device classes. In the near future, LoRaWAN can address a massive IoT market segment where existing cellular and Wi-Fi technologies have some challenges.
キーワード (和) Machine-to-Machine (M2M) / Internet of Things (IoT) / Lower Power Wide Area Networks (LPWAN) / LoRaWAN, Low Power Wide Area Network (LPWAN) / / / /  
(英) Machine-to-Machine (M2M) / Internet of Things (IoT) / Lower Power Wide Area Networks (LPWAN) / LoRaWAN, Low Power Wide Area Network (LPWAN) / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 282, IA2016-26, pp. 1-6, 2016年11月.
資料番号 IA2016-26 
発行日 2016-10-27 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2016-26

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2016-11-03 - 2016-11-04 
開催地(和) 台北(台湾) 
開催地(英) Taipei (Taiwan) 
テーマ(和) IA2016 - Workshop on Internet Architecture and Applications 2016 
テーマ(英) IA2016 - Workshop on Internet Architecture and Applications 2016 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2016-11-IA 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) LoRaWAN: new IoT access networks, opportunities and challenges 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Machine-to-Machine (M2M) / Machine-to-Machine (M2M)  
キーワード(2)(和/英) Internet of Things (IoT) / Internet of Things (IoT)  
キーワード(3)(和/英) Lower Power Wide Area Networks (LPWAN) / Lower Power Wide Area Networks (LPWAN)  
キーワード(4)(和/英) LoRaWAN, Low Power Wide Area Network (LPWAN) / LoRaWAN, Low Power Wide Area Network (LPWAN)  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Yao-Chung Chang / Yao-Chung Chang /
第1著者 所属(和/英) National Taitung University (略称: NTTU)
National Taitung University (略称: NTTU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-03 13:10:00 
発表時間 40 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2016-26 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.282 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IA-2016-10-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会