お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-03 16:00
[ポスター講演]Development of Monkey Detecting System with Energy Harvesting Technologies
Takahito FurukawaMaki YamamotoNagaoka Univ. of Tech)・Hiroshi YamamotoRitsumeikan Univ.)・Katsuyuki YamazakiNagaoka Univ. of TechIA2016-34
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) Feeding damages caused by harmful vermins, such as monkeys and wild boars, become serious in farms and gardens adjacent to forests. So, it is necessary to detect appearance of vermins in order to repel them. In this research, we studied and designed a semi-permanent operable vermin detection system utilizing solar cells. Moreover, we evaluated the effectiveness of the power supply circuit which is designed for this system with energy harvesting technologies. A 920MHz wireless communication, which is currently available as unlicensed band, is used to detect appearance of vermins. In future works, we perform an operation test by attaching a collar of the proposed system to actual monkeys, and to assess whether it is possible to detect appearance of monkeys.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Energy Harvesting / EnOcean / IoT / Feeding Damage / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 282, IA2016-34, pp. 41-44, 2016年11月.
資料番号 IA2016-34 
発行日 2016-10-27 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2016-34

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2016-11-03 - 2016-11-04 
開催地(和) 台北(台湾) 
開催地(英) Taipei (Taiwan) 
テーマ(和) IA2016 - Workshop on Internet Architecture and Applications 2016 
テーマ(英) IA2016 - Workshop on Internet Architecture and Applications 2016 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2016-11-IA 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of Monkey Detecting System with Energy Harvesting Technologies 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Energy Harvesting  
キーワード(2)(和/英) / EnOcean  
キーワード(3)(和/英) / IoT  
キーワード(4)(和/英) / Feeding Damage  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 貴仁 / Takahito Furukawa / フルカワ タカヒト
第1著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 麻希 / Maki Yamamoto / ヤマモト マキ
第2著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 寛 / Hiroshi Yamamoto / ヤマモト ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 克之 / Katsuyuki Yamazaki / ヤマザキ カツユキ
第4著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-03 16:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2016-34 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.282 
ページ範囲 pp.41-44 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-IA-2016-10-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会