お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-28 09:40
32X32光マトリクススイッチの高分解能パルス幅変調による駆動
松浦裕之須田悟史谷澤 健鈴木恵治郎池田和浩河島 整並木 周産総研OCS2016-46 OPE2016-87 LQE2016-62 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2016-87 LQE2016-62
抄録 (和) 完全ノンブロッキング構成である32X32マトリクススイッチは2048個のヒータ素子を有し、要素スイッチを構成するマッハツェンダ干渉計の光導波路位相を熱光学効果で制御している。光入出力ポートの所望の接続を行うために、各ヒータへの印加電力を個別制御する必要がある。駆動回路ハードウェア量を抑えてこれを実現するために、各ヒータへの印加電流値をアナログ的に与えるのではなく、ON-OFFを高速に行うパルス幅変調でヒータ平均電力を制御する方式とした。パルス発生回路には2個のカウンタを用い、その入力を少し異なる周波数としバーニアの原理を利用して高分解能化を実現した。各ヒータに関しパルス周期1 usで6480ステップの時間分解能を得た。制御には汎用FPGA (Field Programmable Gate Array)を用い、スイッチ素子を含め220mm×235mmのプリント基板に搭載、冗長電源、ファン、USBインターフェース含む全体を19インチ幅・1RU高の筐体に収容した。 
(英) A silicon photonic 32X32 strictly non-blocking matrix switch utilizing Mach-Zehnder (MZ) interferometers controlled by the thermo-optic effect has 2048 heater elements. In order to perform a desired connection of the optical input ports and the output ports, it is necessary to individually control the applied power to the heaters. To achieve this, we employed a pulse-width modulation to control the average power of the heaters. The pulse-width modulation is performed with high-repetition rate ON-OFF signal instead of a control of the applied analog current value to each heater. For achieving a high timing-resolution, two frequency counters are used with Vernier effect from the slightly shifted clocks in a frequency. We verified the timing-resolution of 6480 steps with 1 us repetition rate for each heater. Five general-purpose FPGAs (Field Programmable Gate Arrays) to control the heaters, buffer ICs and the switch element are mounted on a printed circuit board of 220 mm X 235 mm. The total switch system including the redundancy power-supply units, the cooling fans and control USB interface are installed to the 19 inches-wide 1RU-height housing.
キーワード (和) 光マトリクススイッチ / シリコンフォトニクス / パルス幅変調 / 高時間分解能 / / / /  
(英) optical matrix switch / silicon photonics / pulse-width modulation / High timing-resolution / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 273, OCS2016-46, pp. 65-70, 2016年10月.
資料番号 OCS2016-46 
発行日 2016-10-20 (OCS, OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2016-46 OPE2016-87 LQE2016-62 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2016-87 LQE2016-62

研究会情報
研究会 LQE OPE OCS  
開催期間 2016-10-27 - 2016-10-28 
開催地(和) 宮崎市民プラザ(宮崎) 
開催地(英) Miyazaki Citizen's Plaza 
テーマ(和) 超高速伝送・変復調・分散補償技術,超高速光信号処理技術,広帯域光増幅・WDM技術,受光デバイス,高光出力伝送技術,及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2016-10-LQE-OPE-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 32X32光マトリクススイッチの高分解能パルス幅変調による駆動 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Driving circuit for 32X32 Optical Matrix Switch using High-resolution Pulse-width Modulation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光マトリクススイッチ / optical matrix switch  
キーワード(2)(和/英) シリコンフォトニクス / silicon photonics  
キーワード(3)(和/英) パルス幅変調 / pulse-width modulation  
キーワード(4)(和/英) 高時間分解能 / High timing-resolution  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松浦 裕之 / Hiroyuki Matsuura / マツウラ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 須田 悟史 / Satoshi Suda / スダ サトシ
第2著者 所属(和/英) 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷澤 健 / Ken Tanizawa / タニザワ ケン
第3著者 所属(和/英) 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 恵治郎 / Keijiro Suzuki / スズキ ケイジロウ
第4著者 所属(和/英) 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 和浩 / kazuhiro Ikeda / イケダ カズヒロ
第5著者 所属(和/英) 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 河島 整 / Hitoshi Kawashima / カワシマ ヒトシ
第6著者 所属(和/英) 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 並木 周 / Shu Namiki / ナミキ シュウ
第7著者 所属(和/英) 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-28 09:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2016-46,IEICE-OPE2016-87,IEICE-LQE2016-62 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.273(OCS), no.274(OPE), no.275(LQE) 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2016-10-20,IEICE-OPE-2016-10-20,IEICE-LQE-2016-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会