電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-27 15:00
[技術展示]ソフトウェア無線機を用いた2.4GHz帯の電波伝搬路測定装置の開発
黒瀬拓人岩田 樹黒川雄介金 ミンソク佐々木重信新潟大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 電波伝搬路測定は無線通信システムを適切に設計するために必要不可欠である.電波伝搬路測定にはチャネルサウンダやベクトルネットワークアナライザーが用いられるが,それらは一般的に大型であり非常に高価である.そのため,小型で安価である電波伝搬路測定装置が望ましい.本研究では,ソフトウェア無線機(USRP)とソフトウェア(LabVIEW) を使用して電波伝搬路測定装置の開発を行った.電波伝搬路測定に必要な信号処理を実装し,マルチパス伝搬路を模擬する試験回路を作成してその伝搬路インパルス応答を測定し動作確認を行った.また,USRP に搭載されている電力増幅器の非線形性と局部発振器の位相の安定性および位相雑音特性を評価した. 
(英) Channel measurements are indispensable for appropriate design of radio communications systems. For channel measurement, the channel sounder or vector network analyzer is commonly used. However, they are
not easily used in measurements due to their large size and high cost. From these reasons, development of small and low cost equipment is needed. In this study, we developed the software defined radio based channel sounder by using Labview and Universal Software Radio Peripheral (USRP). We have implemented signal processing for channel measurements, and validated the operation measuring the channel responses of the device under test(DUT) that emulates a multipath channel. In addition, we empirically evaluated the nonlinearity of the power amplifier, and the phase stability and phase noise characteristics of the local oscillator of the USRP.
キーワード (和) 伝搬路測定 / ソフトウェア無線 / USRP / LabVIEW / マイクロ波帯 / / /  
(英) radio channel measurement / software radio / USRP / LabVIEW / microwave band / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 276, SR2016-64, pp. 47-52, 2016年10月.
資料番号 SR2016-64 
発行日 2016-10-20 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2016-10-27 - 2016-10-28 
開催地(和) 大阪大学 中之島センター 
開催地(英) Osaka Univ. Nakanoshima Center 
テーマ(和) 技術展示,製品展示 
テーマ(英) Technical Exhibition, Product Exhibition, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2016-10-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ソフトウェア無線機を用いた2.4GHz帯の電波伝搬路測定装置の開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Developement of Channel Sounder at 2.4 GHz using Software Radio Periperal 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 伝搬路測定 / radio channel measurement  
キーワード(2)(和/英) ソフトウェア無線 / software radio  
キーワード(3)(和/英) USRP / USRP  
キーワード(4)(和/英) LabVIEW / LabVIEW  
キーワード(5)(和/英) マイクロ波帯 / microwave band  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒瀬 拓人 / Takuto Kurose / クロセ タクト
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩田 樹 / Tatsuki Iwata / イワタ タツキ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒川 雄介 / Kurokawa Yusuke /
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 金 ミンソク / Minseok Kim / キム ミンソク
第4著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 重信 / Shigenobu Sasaki / ササキ シゲノブ
第5著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-27 15:00:00 
発表時間 150 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2016-64 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.276 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SR-2016-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会