電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-27 15:00
[技術展示]An Experimental Study of the Orbital Angular Momentum (OAM) Multiplexing
Doohwan Lee・○Hirofumi SasakiHiroyuki FukumotoKen HiragaTadao NakagawaHiroyuki ShibaNTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) Recently, wireless communication using Orbital Angular Momentum (OAM) has drawn much attention as an
emerging candidate of 5G/B5G technology. OAM is a physical property of electro-magnetic waves that are characterized by a
helical phase front in the propagation direction. Since the characteristic can be used to create multiple orthogonal channels,
wireless communication using OAM can increase radio spectrum efficiency and expand the capacity of the scarce radio
spectrum. To explore these possibilities, in the work reported in this paper we investigated the performance of the OAM
multiplexing with an experimental study. In particular, we present a simple but practical Rx antenna design method. Exploiting
the fact that there are specific location sets with phase differences of 90 or 180 degrees, the method allows each OAM mode to
be received at its high SNR region. We confirm the feasibility of OAM multiplexing in a proof of concept experiment at 5.2
GHz. The effectiveness of the proposed Rx antenna design method is validated by computer simulations using experimental
results.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Orbital angular momentum multiplexing / OAM / uniform circular array antenna / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 276, SR2016-56, pp. 7-8, 2016年10月.
資料番号 SR2016-56 
発行日 2016-10-20 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2016-10-27 - 2016-10-28 
開催地(和) 大阪大学 中之島センター 
開催地(英) Osaka Univ. Nakanoshima Center 
テーマ(和) 技術展示,製品展示 
テーマ(英) Technical Exhibition, Product Exhibition, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2016-10-SR 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Experimental Study of the Orbital Angular Momentum (OAM) Multiplexing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Orbital angular momentum multiplexing  
キーワード(2)(和/英) / OAM  
キーワード(3)(和/英) / uniform circular array antenna  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 斗煥 / Doohwan Lee / リィ ドウハン
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹木 裕文 / Hirofumi Sasaki / ササキ ヒロフミ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福本 浩之 / Hiroyuki Fukumoto / フクモト ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 平賀 健 / Ken Hiraga / ケン ヒラガ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 匡夫 / Tadao Nakagawa / ナカガワ タダオ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 芝 宏礼 / Hiroyuki Shiba / シバ ヒロユキ
第6著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-27 15:00:00 
発表時間 150 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2016-56 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.276 
ページ範囲 pp.7-8 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-SR-2016-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会