電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-27 15:35
GPU calculation of transmitted field for Fiber Bragg Grating
Angger Abdul RazakMitsuhiro YokotaUniv. of Miyazakiエレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2016-83 LQE2016-58
抄録 (和) 本稿では、2次元及び3次元構造のファイバブラッググレーティング(FBG)の透過特性について数値的に検討行い、GPUを用いた場合の計算精度などについて検討を行っている。3次元構造の場合、GPUを用いると100倍程度計算速度が向上することを示している。また、グレーティングの屈折率、長さ、チャープ構造にした場合の透過特性について検討を行っている。周期長が長くなるにつれて反射率は低周波数にシフトし、また、チャープ構造では一様周期よりも長い周期の方は反射率が弱くなることを示している。実用的な設計の為にFBGについて調査することは重要である。 
(英) Results of FBG transmission properties from two and three-dimensional case show a slight difference in center of reflected frequency but have a similar characteristic pattern. In three-dimensional case, up to 100x faster simulation time by using GPU computation was obtained with indistinguishable results in transmission properties compared to CPU calculation results both in time and frequency domain. Some simulation with parameter changes in the grating structures also conducted. Higher grating refractive index value affect in smaller value of transmission amplitude in specific frequency, and the center of transmission frequency drop is slightly shifted to lower frequency value. Longer grating period will reflect lower frequency. Longer total grating length will affect to the lower transmission value. Chirped FBG (CFBG) show a wider broadband reflect compared to the uniform FBG type, with a weaker reflectance.
キーワード (和) GPU計算 / FDTD / FBG / 周波数フィルター / / / /  
(英) GPU Calculation / FDTD / FBG / Frequency filter / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 274, OPE2016-83, pp. 43-48, 2016年10月.
資料番号 OPE2016-83 
発行日 2016-10-20 (OCS, OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 LQE OPE OCS  
開催期間 2016-10-27 - 2016-10-28 
開催地(和) 宮崎市民プラザ(宮崎) 
開催地(英) Miyazaki Citizen's Plaza 
テーマ(和) 超高速伝送・変復調・分散補償技術,超高速光信号処理技術,広帯域光増幅・WDM技術,受光デバイス,高光出力伝送技術,及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OPE 
会議コード 2016-10-LQE-OPE-OCS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) GPU calculation of transmitted field for Fiber Bragg Grating 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) GPU計算 / GPU Calculation  
キーワード(2)(和/英) FDTD / FDTD  
キーワード(3)(和/英) FBG / FBG  
キーワード(4)(和/英) 周波数フィルター / Frequency filter  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) アンゲル アブドゥル ラザク / Angger Abdul Razak / アンゲル アブドゥル ラザク
第1著者 所属(和/英) 宮崎大学 (略称: 宮崎大)
University of Miyazaki (略称: Univ. of Miyazaki)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 横田 光広 / Mitsuhiro Yokota / ヨコタ ミツヒロ
第2著者 所属(和/英) 宮崎大学 (略称: 宮崎大)
University of Miyazaki (略称: Univ. of Miyazaki)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-27 15:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OPE 
資料番号 IEICE-OCS2016-42,IEICE-OPE2016-83,IEICE-LQE2016-58 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.273(OCS), no.274(OPE), no.275(LQE) 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2016-10-20,IEICE-OPE-2016-10-20,IEICE-LQE-2016-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会