お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-25 15:45
時間依存密度汎関数法によるカーボン系エミッタのフィールドエミッション電流の計算(第2報)
樋口敏春佐々木正洋山田洋一筑波大ED2016-48 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2016-48
抄録 (和) カーボンナノチューブのエミッション電流を時間依存密度汎関数法(TD-DFT)を用いて計算する方法の検討を行っている. 第1報で問題となったF-Nプロットの勾配が小さ過ぎるという問題は, 電界を急峻な立ち上がりのない台形波に変更することにより改善された. Octopusコードを用いカーボンナノチューブ(CNT)と水素終端カーボンナノチューブ(H-CNT)のエミッション電流を計算した. その結果, 水素終端によりエミッション電流が約5倍高くなることが分かった. 水素終端により仕事関数は0.86 eV低下する. ただし、ファウラ・ノルドハイム式に仕事関数を入れて計算すると, H-CNTの方が約18倍大きくなり, TD-DFTで計算した値とは一致しない. 本報告ではこの原因について考察する. 
(英) To clarify the origin of the superior field emission characteristics of carbon emitters, we have estimated the emission current by ab initio simulations. We adopted the time-dependent density functional theory (TD-DFT) method for calculating the field emission from carbon nanotubes (CNTs) and hydrogen-terminated carbon nanotubes (H-CNTs). The previously raised problem that the slope of F-N plots is too small can be solved by using the trapezoidal electric field. Emission current from H-CNT calculated by TD-DFT is 5 times larger than that from CNT. However the emission current from H-CNT calculated by the Fowler-Nordheim equation is 18 times larger than CNT. We discuss the difference in obtained results.
キーワード (和) フィールドエミッション / 仕事関数 / 第一原理計算 / 時間依存密度汎関数法 / カーボンエミッタ / / /  
(英) Field Emission / Work Function / ab initio Simulation / First Principle Calculation / Time-dependent Density Functional Theory / Carbon Emitter / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 268, ED2016-48, pp. 21-26, 2016年10月.
資料番号 ED2016-48 
発行日 2016-10-18 (ED) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ED2016-48 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2016-48

研究会情報
研究会 ED  
開催期間 2016-10-25 - 2016-10-26 
開催地(和) 三重大学 新産業創成研究拠点(旧VBL) 
開催地(英)  
テーマ(和) 電子管と真空ナノエレクトロニクス及びその評価技術 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ED 
会議コード 2016-10-ED 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 時間依存密度汎関数法によるカーボン系エミッタのフィールドエミッション電流の計算(第2報) 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Ab initio calculations of field emission from carbon emitters on the basis of time-dependent density functional theory (II) 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) フィールドエミッション / Field Emission  
キーワード(2)(和/英) 仕事関数 / Work Function  
キーワード(3)(和/英) 第一原理計算 / ab initio Simulation  
キーワード(4)(和/英) 時間依存密度汎関数法 / First Principle Calculation  
キーワード(5)(和/英) カーボンエミッタ / Time-dependent Density Functional Theory  
キーワード(6)(和/英) / Carbon Emitter  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 樋口 敏春 / Toshiharu Higuchi / ヒグチ トシハル
第1著者 所属(和/英) * (略称: *)
* (略称: *)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 正洋 / Masahiro Sasaki / ササキ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
Univ. of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 洋一 / Yoichi Yamada / ヤマダ ヨウイチ
第3著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
Univ. of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-25 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ED 
資料番号 IEICE-ED2016-48 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.268 
ページ範囲 pp.21-26 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ED-2016-10-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会