電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-21 15:15
任意形状の曲面アレーによる放射界の検討
岡 武小林弘一阪工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,任意形状の曲面アレーからの放射特性に関して解析的に考察している.放射界はアレーファクタを使い,方向余弦によりビーム走査を一般化している.また,偏波不整合による損失および任意形状の曲面がもつ曲率についても言及している.そして,航空機の翼および胴体を想定したアレー形状の曲面アレーの放射界の計算を行った.その結果,前者の例では, アレー素子が点波源の場合と曲面矩形パッチの場合とを比較して,曲面パッチを実装した場合の方が約10dBほどの損失が見られた.一方,後者の例では,主ローブの最大利得から-10dBほどの最大利得をもつグレーティングローブの発生が見られた. 
(英) In this paper, we discuss the radiation characteristics from conformal array with arbitrary curved surface shape by means of analytical approach. The radiation pattern is expressed by array factor and beam scanning algorithm with direction cosine. Furthermore we considered polarization mismatch of the each element and curvature of arbitrary curved surface. And we
calculated scanning radiation patterns from conformal array on the aircraft wing or body with curved rectangular patch elements. In the case of the former, comparing setting point sources of wave on array surface and setting curved rectangular patch elements on array surface, the radiation gain of array setting patch elements decreased about 10dB than the radiation gain of array setting point sources of wave. And, in the case of the latter, greating-lobe occurred. Its max gain is 10dB lesser than max gain of main lobe.
キーワード (和) コンフォーマル曲面アレー / フェーズドアレー / ビーム走査 / 方向余弦 / 偏波不整合 / / /  
(英) conformal array / phased array / beam scanning / direction cosine / polarization mismatch / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 252, SANE2016-50, pp. 57-62, 2016年10月.
資料番号 SANE2016-50 
発行日 2016-10-13 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2016-10-20 - 2016-10-21 
開催地(和) 大阪工業大うめきたナレッジセンター 
開催地(英) OIT UMEKITA Knowledge Center 
テーマ(和) レーダ信号処理,リモートセンシング及び一般 
テーマ(英) Radar signal processing, Remote Sensing and general issues 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2016-10-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 任意形状の曲面アレーによる放射界の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Radiation Field from Arbitrary Curved Surface Array 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンフォーマル曲面アレー / conformal array  
キーワード(2)(和/英) フェーズドアレー / phased array  
キーワード(3)(和/英) ビーム走査 / beam scanning  
キーワード(4)(和/英) 方向余弦 / direction cosine  
キーワード(5)(和/英) 偏波不整合 / polarization mismatch  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡 武 / Takeru Oka / オカ タケル
第1著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: OIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 弘一 / Hirokazu Kobayashi / コバヤシ ヒロカズ
第2著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: OIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-21 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2016-50 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.252 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2016-10-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会