お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-21 09:30
コンテンツセントリックネットワークにおける配信権利付与方式
永井翔平水野 修工学院大IN2016-56
抄録 (和) 自宅外でも動画や音楽などコンテンツ取得が容易となり,インターネットの主な利用はコンテンツ配信へと変化したが,現在のIPネットワークは大量のコンテンツ配信を想定して設計されていない.そこで,コンテンツ配信を主な利用用途とし,設計されたコンテンツセントリックネットワーク(CCN)と呼ばれる新世代ネットワークが研究されている.
CCNはネットワーク上に存在する全てのコンテンツに対して唯一の識別子(コンテンツID)を割り当てる.経路構築は,コンテンツIDをコンテンツサーバ及びCCNルータがネットワークに広告することで実現する.
しかし,コンテンツIDを広告することで経路構築を行う仕組みを利用して,セキュリティ攻撃者に向けてパケットが転送されるよう,既存のコンテンツIDを広告する攻撃が考えられている.
本報告では,攻撃により発生するユーザプライバシーの侵害や不正なコンテンツ取得の問題に対して,配信を行うことに権利を付与することで不正な広告パケットを経路構築に用いない方式を提案する. 
(英) We can get contents by smartphone and tablet PC in anywhere and anytime. Network traffic for content delivery has been increasing year after year. Therefore, the new generation network called Content Centric Network(CCN) is proposed for contents delivery. CCN is assigned unique ID to each content. The routing table in a CCN router is constructed by advertisement of content ID from the content server or other CCN router. An attacker can get other users’ private information by changing the routing table with contents ID advertisement.
In this paper, we proposed the routing table construction method which uses the trusted advertisement to prevent user privacy violation using injustice contents acquisition.
キーワード (和) セキュリティ / コンテンツセントリックネットワーク / プライバシー / / / / /  
(英) Security / Content Centric Network / Privacy / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 251, IN2016-56, pp. 43-48, 2016年10月.
資料番号 IN2016-56 
発行日 2016-10-13 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2016-56

研究会情報
研究会 IN ICTSSL NWS  
開催期間 2016-10-20 - 2016-10-21 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka Uinv. 
テーマ(和) ネットワーク信頼性技術、セキュリティ・プライバシ保護技術、認証/ID管理、Webサービス/SOA/ROA基盤、ソーシャルネットワーク(SNS)、サイバー攻撃対策、災害対策・障害対策、レジリエンス、及び一般 
テーマ(英) Network Reliability, Security, Privacy Protection, AAA, ID management, Web Services/SOA/ROA, Cyber Attack Resolution, Resilience, Disaster Recovery, Fault Tolerance, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2016-10-IN-ICTSSL-NWS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) コンテンツセントリックネットワークにおける配信権利付与方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Management Method for Publisher's Right Protection on Content Centric Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) セキュリティ / Security  
キーワード(2)(和/英) コンテンツセントリックネットワーク / Content Centric Network  
キーワード(3)(和/英) プライバシー / Privacy  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 永井 翔平 / Shouhei Nagai / ナガイ ショウヘイ
第1著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 修 / Osamu Mizuno / ミズノ オサム
第2著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-21 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2016-56 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.251 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2016-10-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会