電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-21 10:00
多数デバイスを収容する携帯電話網に関する高効率通信方式 ~ フレーム構成と伝搬路推定技術に関する基礎検討 ~
森山雅文手塚隼人滝沢賢一大堂雅之村上 誉石津健太郎児島史秀NICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 第5世代移動通信システムは,我が国において2020年の実用化に向け研究開発が精力的に進められている.第5世代移動通信システムは,高速化及び大容量化の他に,今後大きな発展が見込まれるIoT(Internet of Things)へのサポートが必須である.今後,IoTデバイスによるセンサー情報等の上りトラフィックが急増すると予測されることから多数デバイスをいかに基地局に収容するかが課題となる.トラフィック増加の対応の他にも,第5世代移動通信システムでは自動運転システム等のM2M通信のための低遅延化が同時に求められていく.今回,基地局に同時接続できる端末数を増加させ,かつ,低遅延化を実現する技術として,同一周波数を利用する複数端末が基地局に同時に接続することを可能とするコンテンションベースの新たな通信方式を提案する.本稿は,提案する通信方式,フレーム構成,伝搬路推定技術など提案方式に関連する検討事項についてまとめたものを計算機シミュレーションの結果とともに報告するものである. 
(英) 5G (5th generation mobile communications systems) has been researched and developed so that it can be deployed in Japan in 2020. The 5G must not only realize fast speed and high capacity communication but also support IoT(Internet of Things), which is predicted to significantly develop in near future. In the 5G, a base station must be able to receive a huge number of transmission signals from IoT devices that are mainly used for gathering sensor information. In addition, low latency communication is required for M2M communication such as automatic driving systems. Therefore, we propose a new contention based communication method that allows several devices to send messages to a base station in the same frequency resource simultaneously. The proposed method increases the number of devices that can be connected to one base station and realizes low latency communication. In this paper, we report the proposed communication technique, frame structure, a channel estimation method and other related topics with results of computer simulation.
キーワード (和) IoT / 多数デバイス / LTE / ランダムアクセス / コンテンション通信 / 低遅延 / /  
(英) IoT / Massive Devices / LTE / Random Access / Contention Based Communication / Low Latency / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 257, RCS2016-175, pp. 119-124, 2016年10月.
資料番号 RCS2016-175 
発行日 2016-10-13 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2016-10-20 - 2016-10-21 
開催地(和) YRP(横須賀) 
開催地(英) YRP (Yokosuka) 
テーマ(和) 無線通信方式,無線通信システム,標準化,将来システムおよび一般 
テーマ(英) Wireless Communication Schemes, Wireless Communication Systems, Wireless Standards, Future Wireless Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2016-10-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多数デバイスを収容する携帯電話網に関する高効率通信方式 
サブタイトル(和) フレーム構成と伝搬路推定技術に関する基礎検討 
タイトル(英) Efficient Radio Access for Massive Machine-Type communication 
サブタイトル(英) Basic studies of Frame Structure and Channel Estimation 
キーワード(1)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(2)(和/英) 多数デバイス / Massive Devices  
キーワード(3)(和/英) LTE / LTE  
キーワード(4)(和/英) ランダムアクセス / Random Access  
キーワード(5)(和/英) コンテンション通信 / Contention Based Communication  
キーワード(6)(和/英) 低遅延 / Low Latency  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森山 雅文 / Masafumi Moriyama / モリヤマ マサフミ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communication Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 手塚 隼人 / Hayato Tezuka / テヅカ ハヤト
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communication Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 滝沢 賢一 / Kenichi Takizawa / タキザワ ケンイチ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communication Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大堂 雅之 / Masayuki Oodo / オオドウ マサユキ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communication Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 誉 / Homare Murakami / ムラカミ ホマレ
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communication Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 石津 健太郎 / Kentaro Ishizu / イシヅ ケンタロウ
第6著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communication Technology (略称: NICT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 児島 史秀 / Fumihide Kojima / コジマ フミヒデ
第7著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communication Technology (略称: NICT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-21 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2016-175 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.257 
ページ範囲 pp.119-124 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2016-10-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会