お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-21 11:35
低遅延通信の実現に向けた優先制御技術の検討
小野孝太郎松本 実高谷直樹NTTNS2016-100
抄録 (和) 次世代のネットワークアーキクチャではミリ秒オーダの低遅延性が要求されている.一方で,低遅延通信を利用した新サービスの一部は早期に実現できる可能性があり,ネットワークを介したドローン端末の遠隔制御が検討されている.本稿では,既存のネットワークにおける遅延時間の発生要因を分析した上で,ネットワークを介してユーザ端末を遠隔制御する信号を優先トラフィックとして扱う優先制御技術を提案し,その有効性をシミュレーションにより評価した. 
(英) Next generation network architecture demands millisecond-order low latency. On the other hand, a part of new services using low latency communications might be realized early. Therefore, controlling drones remotely over networks has been investigated as an early service implementation. In this paper, factors causing delay on existing networks were analyzed. Thereafter, a priority control method treating remote control signals of user equipment as prior traffic was suggested and the effectiveness was evaluated by network simulation.
キーワード (和) 遅延 / 優先制御 / 低遅延 / RLCモード / ドローン / / /  
(英) Delay / Priority Control / Low-Latency / RLC Mode / Drone / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 256, NS2016-100, pp. 63-68, 2016年10月.
資料番号 NS2016-100 
発行日 2016-10-13 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2016-100

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2016-10-20 - 2016-10-21 
開催地(和) 姫路・西はりま地場産業センター 
開催地(英) Himeji Nishi-Harima Area Jibasan Center 
テーマ(和) ネットワークアーキテクチャ(オーバレイ,P2P,ユビキタスNW,スケールフリーNW,アクティブNW,NGN・新世代NW),次世代パケットトランスポート(高速Ethernet,IP over WDM,マルチサービスパケット技術,MPLS),グリッド,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-10-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 低遅延通信の実現に向けた優先制御技術の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Priority Control Method for Low-Latency Communications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 遅延 / Delay  
キーワード(2)(和/英) 優先制御 / Priority Control  
キーワード(3)(和/英) 低遅延 / Low-Latency  
キーワード(4)(和/英) RLCモード / RLC Mode  
キーワード(5)(和/英) ドローン / Drone  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 孝太郎 / Kotaro Ono / オノ コウタロウ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 実 / Minoru Matsumoto / マツモト ミノル
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高谷 直樹 / Naoki Takaya / タカヤ ナオキ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-21 11:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2016-100 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.256 
ページ範囲 pp.63-68 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2016-10-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会