電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-21 15:10
Shinpuhkanデータセットの拡張と関連ツールの公開に向けて
川西康友名大)・飯山将晃京大)・椋木雅之宮崎大)・美濃導彦京大)・村瀬 洋名大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 人物照合やカメラ間追跡の研究を目的とした大規模データセットの需要は高いが,カメラ台数,画像枚数,人数の全てについて規模の大きいデータセットは存在しない.本発表では,これまでに公開したShinpuhkan 2014から人数と画像枚数を大幅に増加させた,現在準備中の新しいShinpukanデータセットを紹介し,データセットについてアノテーションの質と量の観点から議論する.また,多カメラ間人物追跡アノテーションツール及び,既存のデータから仮想的なデータセットを生成するツールについても紹介し,必要な機能について議論する. 
(英) Some public datasets for person re-identification or tracking across cameras are published but there is no dataset which has a large number of cameras, images, and pedestrians. In this paper, we introduce our current activity for a new dataset, which has more pedestrians and images than our previous Shinpuhkan 2014 dataset, and discuss requirements for the dataset in terms of the amount and quality of the dataset. We also introduce our annotation tool for pedestrian tracking across cameras and virtual dataset generation tool and discuss their desirable functions.
キーワード (和) カメラ間人物追跡 / 人物再同定 / データセット / アノテーションツール / 仮想データセット生成 / / /  
(英) Person Re-identification / Tracking across Camera / Dataset / Annotation Tool / Virtual Dataset Generation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 259, PRMU2016-106, pp. 85-90, 2016年10月.
資料番号 PRMU2016-106 
発行日 2016-10-13 (PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU  
開催期間 2016-10-20 - 2016-10-21 
開催地(和) 宮崎大学 
開催地(英)  
テーマ(和) オープンサイエンス~研究資源と研究体制のオープン化~ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2016-10-PRMU 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Shinpuhkanデータセットの拡張と関連ツールの公開に向けて 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Toward Extension of Shinpuhkan Dataset and Release of Related Tools 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カメラ間人物追跡 / Person Re-identification  
キーワード(2)(和/英) 人物再同定 / Tracking across Camera  
キーワード(3)(和/英) データセット / Dataset  
キーワード(4)(和/英) アノテーションツール / Annotation Tool  
キーワード(5)(和/英) 仮想データセット生成 / Virtual Dataset Generation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川西 康友 / Yasutomo Kawanishi / カワニシ ヤストモ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯山 将晃 / Masaaki Iiyama / イイヤマ マサアキ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 椋木 雅之 / Masayuki Mukunoki / ムクノキ マサユキ
第3著者 所属(和/英) 宮崎大学 (略称: 宮崎大)
Miyazaki University (略称: Miyazaki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 美濃 導彦 / Michihiko Minoh / ミノウ ミチヒコ
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 村瀬 洋 / Hiroshi Murase / ムラセ ヒロシ
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-21 15:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2016-106 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.259 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2016-10-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会