お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-20 16:35
[招待講演]土砂災害から身を守るための草の根情報伝搬システムの提案
西 正博新 浩一河野英太郎井上伸二大田知行石田賢治広島市大)・宇都宮栄二KDDI研)・角田良明広島市大ICTSSL2016-25 IN2016-54
抄録 (和) ゲリラ豪雨などによる土砂災害の被害を最小限に抑えるためには,生命の危険が脅かされる前に地域住民が迅速に避難することが極めて重要であり,避難すべきタイミングを住民自ら判断できる環境の整備が必要である.本研究では,地域住民が自律的に災害の前兆やその拡大を予測し,草の根アプローチにより災害情報を速やかにかつ広範囲に伝搬させ地域住民と共有する手法として,スマートフォン等の携帯端末で構成されるモバイルアドホックネットワーク(MANET)を用いた草の根災害情報伝搬システムを提案する.本システムではアシュアランスネットワーク設計原理を応用し,耐故障性や信頼性を高めたMANET技術を開発するとともに,携帯端末にて取得されるカメラ画像や地鳴りおよび土砂のにおい等の災害情報を地域住民が共有できるモバイルセンシング技術を開発する.また実際に土砂災害が生じ現在も危険が予想される地区に設置した固定型カメラシステムにて得られるセンシング情報もあわせて共有する.本報告では,草の根災害情報伝搬システムの概要を述べるとともに,本システムにおけるMANET技術やセンシング技術の開発状況を述べる. 
(英) In order to minimize damages due to landslide disasters caused by heavy rain and so on, it is quite important for residents to quickly take refuge from the disasters before being serious about their lives. Therefore it is necessary to develop the environment that the residents are able to judge the appropriate timing for evacuation. In this study, we newly propose the Grass-roots Information Distribution System using MANET (Mobile Ad-hoc Network) connected with mobile terminals such as smart phones, for the purpose of sharing the disaster information among the residents with grass-roots approach. In this system, the concept of assurance network is adopted and the MANET technologies are developed with high durability and reliability. Also we are developing mobile sensing technologies using mobile terminal for distributing and sharing the disaster information such as camera images and precursor sensing data of smells and rumblings of the landslide. Moreover, the proposed system delivers the sensing data obtained by the fixed camera system constructed at the dangerous area where the landslide disaster actually occurred. This report describes the overview of the Grass-roots Information Distribution System and shows the latest development of MANET and mobile sensing technologies in this system.
キーワード (和) 土砂災害 / 草の根アプローチ / 携帯端末 / MANET / モバイルセンシング / / /  
(英) Landslide Disasters / Grass-roots Approach / Mobile Terminals / MANET / Mobile Sensing / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 250, ICTSSL2016-25, pp. 29-34, 2016年10月.
資料番号 ICTSSL2016-25 
発行日 2016-10-13 (ICTSSL, IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICTSSL2016-25 IN2016-54

研究会情報
研究会 IN ICTSSL NWS  
開催期間 2016-10-20 - 2016-10-21 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka Uinv. 
テーマ(和) ネットワーク信頼性技術、セキュリティ・プライバシ保護技術、認証/ID管理、Webサービス/SOA/ROA基盤、ソーシャルネットワーク(SNS)、サイバー攻撃対策、災害対策・障害対策、レジリエンス、及び一般 
テーマ(英) Network Reliability, Security, Privacy Protection, AAA, ID management, Web Services/SOA/ROA, Cyber Attack Resolution, Resilience, Disaster Recovery, Fault Tolerance, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICTSSL 
会議コード 2016-10-IN-ICTSSL-NWS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 土砂災害から身を守るための草の根情報伝搬システムの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Proposal of Grass-roots Information Delivery Systems for Protecting Oneself from Land Disasters 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 土砂災害 / Landslide Disasters  
キーワード(2)(和/英) 草の根アプローチ / Grass-roots Approach  
キーワード(3)(和/英) 携帯端末 / Mobile Terminals  
キーワード(4)(和/英) MANET / MANET  
キーワード(5)(和/英) モバイルセンシング / Mobile Sensing  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西 正博 / Masahiro Nishi / ニシ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 新 浩一 / Koichi Shin / シン コウイチ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 河野 英太郎 / Eitaro Kouno / コウノ エイタロウ
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 伸二 / Shinji Inoue / イノウエ シンジ
第4著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大田 知行 / Tomoyuki Ohta / オオタ トモユキ
第5著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 石田 賢治 / Kenji Ishida / イシダ ケンジ
第6著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 宇都宮 栄二 / Eiji Utsunomiya / ウツノミヤ エイジ
第7著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI Lab.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 角田 良明 / Yoshiaki Kakuda / カクダ ヨシアキ
第8著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-20 16:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICTSSL 
資料番号 IEICE-ICTSSL2016-25,IEICE-IN2016-54 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.250(ICTSSL), no.251(IN) 
ページ範囲 pp.29-34(ICTSSL), pp.31-36(IN) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICTSSL-2016-10-13,IEICE-IN-2016-10-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会