お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-20 15:40
ディープラーニングによる日本語の歴史的典籍におけるくずし字の認識およびWWWアプリケーション開発の試み
早坂太一大野 亙加藤弓枝豊田高専)・山本和明国文学研究資料館PRMU2016-93
抄録 (和) 国文学研究資料館古典籍共同研究事業センターにより構築が進められている「日本語の歴史的典籍データベース」を有効活用することで,異分野を融合させた研究の展開も期待されるが,いかに資料が集積されたとしても,そこに書かれている文字が「くずし字」であるがために,その専門的知識が少ない研究者にとっては障壁となる.本研究は,世界的に注目されている人工知能技術である,ディープラーニングを用いたくずし字の自動翻刻システムの構築を目的とする.オープンデータとして公開されているいくつかの歴史的典籍に対して,人工知能による認識の精度を算出するとともに,学習したモデルをWWWアプリケーションとして実装することで,その翻刻に要する時間についても考察を行った. 
(英) Effective utilization of “Pre-modern Japanese book database” constructed by the project supervised by Center for Collaborative Research on Pre-Modern Texts, NIJL will push forward the development of the interfiled study. It may become obstruction for the researchers with a little knowledge of classical literature, however, because historical Japanese texts have been written by Kuzushiji (Hentaigana and cursive script). In this article we report an attempt of recognizing Hentaigana by deep learning, which is the artificial intelligence technology regarded throughout the world. Using the convolutional neural networks, we obtained a rate of correct distinction of Hentaigana in several pre-modern texts in open database. Furthermore, we developed the WWW software application and evaluated the time to recognize Hentaigana.
キーワード (和) くずし字(変体仮名) / 自動翻刻 / ディープラーニング / 文字認識 / WWWアプリケーション / / /  
(英) Kuzushiji (Hentaigana) / Machine reprinting / Deep learning / Character recognition / WWW application / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 259, PRMU2016-93, pp. 15-18, 2016年10月.
資料番号 PRMU2016-93 
発行日 2016-10-13 (PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2016-93

研究会情報
研究会 PRMU  
開催期間 2016-10-20 - 2016-10-21 
開催地(和) 宮崎大学 
開催地(英)  
テーマ(和) オープンサイエンス~研究資源と研究体制のオープン化~ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2016-10-PRMU 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ディープラーニングによる日本語の歴史的典籍におけるくずし字の認識およびWWWアプリケーション開発の試み 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Recognition of Obsolete Script in Pre-modern Japanese Texts by Deep Learning and Trial Production of WWW Application 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) くずし字(変体仮名) / Kuzushiji (Hentaigana)  
キーワード(2)(和/英) 自動翻刻 / Machine reprinting  
キーワード(3)(和/英) ディープラーニング / Deep learning  
キーワード(4)(和/英) 文字認識 / Character recognition  
キーワード(5)(和/英) WWWアプリケーション / WWW application  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 早坂 太一 / Taichi Hayasaka / ハヤサカ タイチ
第1著者 所属(和/英) 豊田工業高等専門学校 (略称: 豊田高専)
National Institute of Technology, Toyota College (略称: NIT, Toyota College)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大野 亙 / Wataru Ohno / オオノ ワタル
第2著者 所属(和/英) 豊田工業高等専門学校 (略称: 豊田高専)
National Institute of Technology, Toyota College (略称: NIT, Toyota College)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 弓枝 / Yumie Kato / カトウ ユミエ
第3著者 所属(和/英) 豊田工業高等専門学校 (略称: 豊田高専)
National Institute of Technology, Toyota College (略称: NIT, Toyota College)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 和明 / Kazuaki Yamamoto / ヤマモト カズアキ
第4著者 所属(和/英) 国文学研究資料館 (略称: 国文学研究資料館)
National Institute of Japanese Literature (略称: NIJL)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-20 15:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2016-93 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.259 
ページ範囲 pp.15-18 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-PRMU-2016-10-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会