お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-20 10:10
並列ダブルグレイマッピングを適用した部分チャネル符号化を用いるCircular QAMの特性
登 煉軍鄭 斌佐和橋 衛東京都市大)・神谷典史NECRCS2016-161
抄録 (和) 本稿では,パーシャルチャネル符号化を用いるCircular Quadrature Amplitude Modulation (QAM)信号空間配置に適した並列ダブルグレイマッピングを提案する.並列ダブルグレイマッピングを適用したパーシャルチャネル符号化を用いた場合のCircular 1024QAM 及び2048QAMのビット誤り率(BER: Bit Error Rate)をそれぞれ,Rectangular 1024QAM,Cross 2048QAMのBERと比較評価する.計算機シミュレーション結果より,並列ダブルグレイマッピングを適用したパーシャルターボ符号を用いたとき,協調復号を用いる場合のBERが10-5を満たすための所要受信SNR (Signal-to-Noise power Ratio)は,独立復号を用いた場合に比較して約6.5 dB低減できることを示す.また,Circular 1024QAMは,Rectangular 1024QAMに比較して,位相雑音に対する所要受信SNRの劣化を低く抑えることができることを示す.しかしながら,位相雑音を考慮したAdditive white Gaussian noise (AWGN) チャネルにおいて,並列ダブルグレイマッピングを適用したパーシャルチャネル符号化を用いた場合において,Rectangular 1024QAMは,Circular 1024QAMに比較して良好なBER特性を実現できることを示す. 
(英) This paper proposes parallel double Gray mapping scheme which is suitable for circular quadrature amplitude modulation (QAM) constellations using partial channel coding associated with collaborative decoding. By using the parallel double Gray mapping scheme, we compare the bit error rate (BER) performance of circular 1024QAM and 2048QAM schemes with rectangular 1024QAM and cross 2048QAM schemes, respectively. Computer simulation shows that the required received signal-to-noise power ratio (SNR) at the BER of 10-5 of the collaborative decoding is decreased by approximately 6.5 dB compared to that of the independent decoding for partial turbo coding employing the parallel double Gray mapping. We also show that circular 1024QAM exhibits higher robustness for time-varying phase noise compared to rectangular 1024QAM. We show however that rectangular 1024QAM provides the slightly better BER performance level compared to circular 1024QAM when using partial turbo coding employing the parallel double Gray mapping under additive white Gaussian noise (AWGN) channel with time-varying phase noise.
キーワード (和) QAM / Circular QAM / パーシャルチャネル符号化 / ダブルグレイマッピング / 位相雑音 / Rectangular QAM / /  
(英) QAM / Circular QAM / partial channel coding / double Gray mapping / phase noise / Rectangular QAM / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 257, RCS2016-161, pp. 47-52, 2016年10月.
資料番号 RCS2016-161 
発行日 2016-10-13 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2016-161

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2016-10-20 - 2016-10-21 
開催地(和) YRP(横須賀) 
開催地(英) YRP (Yokosuka) 
テーマ(和) 無線通信方式,無線通信システム,標準化,将来システムおよび一般 
テーマ(英) Wireless Communication Schemes, Wireless Communication Systems, Wireless Standards, Future Wireless Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2016-10-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 並列ダブルグレイマッピングを適用した部分チャネル符号化を用いるCircular QAMの特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance of Circular QAM Constellations Using Partial Channel Coding with Parallel Double Gray Mapping 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) QAM / QAM  
キーワード(2)(和/英) Circular QAM / Circular QAM  
キーワード(3)(和/英) パーシャルチャネル符号化 / partial channel coding  
キーワード(4)(和/英) ダブルグレイマッピング / double Gray mapping  
キーワード(5)(和/英) 位相雑音 / phase noise  
キーワード(6)(和/英) Rectangular QAM / Rectangular QAM  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 登 煉軍 / Lianjun Deng / トウ レングン
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鄭 斌 / Bin Zheng / テイ ヒン
第2著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐和橋 衛 / Mamoru Sawahashi / サワハシ マモル
第3著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 神谷 典史 / Norifumi Kamiya / カミヤ ノリフミ
第4著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-20 10:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2016-161 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.257 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2016-10-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会