お知らせ 2月17日(月) 未明04:10-04:50,決済代行サービス業者のサーバメンテナンスのため,発表参加費・聴講参加費・年間登録費・ダウンロード権の支払い(クレジットカード/請求書)ができません.発表申込,原稿アップロードなど,他の機能については問題ありません.
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-20 14:25
[ポスター講演]無線LANにおけるユニキャスト/マルチキャストのフロー種別とチャネル品質に基づく送信スケジューリング
西田侑太谷川陽祐戸出英樹阪府大NS2016-92
抄録 (和) 近年,無線LANの普及が進んでいる.現在の用途としてはユニキャスト伝送が主体であるが,今後,マルチメディア情報の配信等,マルチキャスト伝送の利用が増加すると予想され,ユニキャスト/マルチキャスト混在環境における無線チャネル利用の効率化が求められる.IEEE 802.11で規定されるバックオフアルゴリズムは衝突によるパケットロスにのみ対処するが,フェージングによるロスに対して伝送レートを下げた再送により対処することで, 必要以上に長いバックオフ待機によるチャネル利用効率の低下を抑制する方式も存在する.一方,筆者らの研究グループが提案した先行方式では,フェージングによるロスが発生した場合,その端末局への送信を一旦見送り,チャネル状態の良い別の端末局宛てパケットを先に送信することで,伝送レートを下げることによる効率悪化を抑制している.しかし,この先行提案方式はユニキャスト伝送しか考慮しておらず,マルチキャストパケットが混在した環境に対応していない.本稿では,ユニキャスト/マルチキャスト混在環境において,両伝送へ適切に送信機会を割り当てながら可能な限り高い伝送レートを用いることでチャネル利用効率を向上させるパケット送信スケジューリング法を提案し,その有効性について検証する. 
(英) Recently, wireless LAN has been diffused, and in near future, its channel utilization needs to be improved in case that multicast delivery like multimedia streaming coexists in addition to unicast. While the backoff algorithm in IEEE 802.11 avoids only the packet loss caused by collision, other existing works tackle the packet loss caused by channel fading by transmitting packets at a lower rate. The authors' research group has proposed a packet transmission scheduling which avoids decreasing transmission rate, and improved channel utilization. However, the previously proposed method does not take multicast transmission into account.In this paper, we study an extension of the packet transmission scheduling to wireless LAN with both unicast and multicast flows.
キーワード (和) 送信スケジューリング / 無線LAN / フェージング / / / / /  
(英) packet transmission scheduling / wireless LAN / fading / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 256, NS2016-92, pp. 23-28, 2016年10月.
資料番号 NS2016-92 
発行日 2016-10-13 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2016-92

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2016-10-20 - 2016-10-21 
開催地(和) 姫路・西はりま地場産業センター 
開催地(英) Himeji Nishi-Harima Area Jibasan Center 
テーマ(和) ネットワークアーキテクチャ(オーバレイ,P2P,ユビキタスNW,スケールフリーNW,アクティブNW,NGN・新世代NW),次世代パケットトランスポート(高速Ethernet,IP over WDM,マルチサービスパケット技術,MPLS),グリッド,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-10-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線LANにおけるユニキャスト/マルチキャストのフロー種別とチャネル品質に基づく送信スケジューリング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Packet Transmission Scheduling based on Flow Classes of Unicast/Multicast and Channel Quality in Wireless LAN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 送信スケジューリング / packet transmission scheduling  
キーワード(2)(和/英) 無線LAN / wireless LAN  
キーワード(3)(和/英) フェージング / fading  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西田 侑太 / Yuta Nishida / ニシダ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷川 陽祐 / Yosuke Tanigawa / タニガワ ヨウスケ
第2著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸出 英樹 / Hideki Tode / トデ ヒデキ
第3著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-20 14:25:00 
発表時間 90 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2016-92 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.256 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2016-10-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会