お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-20 14:55
C帯マイクロ波電力伝送システム用HySIC実現に向けたGaNダイオード整流器の基礎検討
吉田賢史鹿児島大)・宮地晃平JAXA)・岸川諒子堀部雅弘産総研)・西川健二郎鹿児島大)・川崎繁男JAXAEMCJ2016-69 MW2016-101 EST2016-65 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2016-101 EST2016-65
抄録 (和) 宇宙太陽光発電は,宇宙にある太陽電池で発電した電力をマイクロ波で地上に送電する,二酸化炭素の排
出などがないグリーンエコな技術として従前より研究開発が進められてきた.本稿では,宇宙太陽光発電の受電デ
バイスに着目し,ワット級の整流器について検討を行った結果について報告する.大電力入力時において動作可能で
あるように,GaN ダイオードを用いた.まずダイオード単体の測定結果からダイオードモデリングを行った.さら
に5.8 GHz において提案ダイオードモデルを用いた整流器の設計,試作,測定を行い,受電デバイスへの応用の可能
性について評価した.その結果,RF 入力電力が40dBm の条件下でDC 出力電力は3042mW,RF–DC 変換効率は
32.6%であった.またHySIC (Hybrid Semiconductor Integrated Circuit) 技術による小型化について紹介を行った. 
(英) In this paper, we evaluate a 5.8 GHz rectifier using GaN diode for space solar power system application.
As a first step, a single diode was measured and modeled by fitting. Finally, a 5.8 GHz high power rectifier was
designed and fabricated using RO4350 substrate. Measured RF–DC conversion efficiency and output DC power at
5.9 GHz (40 dBm) are 32.6% and 3042mW, respectively. This report makes a first step for future miniaturization by
the hybrid semiconductor integrated circuit (HySIC) technology which utilizes different type semiconductor devices.
キーワード (和) 無線電力伝送 / 宇宙太陽光発電 / HySIC / / / / /  
(英) Wireless Power Transmission / space solar power system / hybrid semiconductor integrated circuit / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 254, MW2016-101, pp. 53-56, 2016年10月.
資料番号 MW2016-101 
発行日 2016-10-13 (EMCJ, MW, EST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2016-69 MW2016-101 EST2016-65 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2016-101 EST2016-65

研究会情報
研究会 EMCJ IEE-EMC MW EST  
開催期間 2016-10-20 - 2016-10-21 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) マイクロ波,電磁界シミュレーション,EMC一般 
テーマ(英) Microwave, Electromagnetic simulation, EMC, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2016-10-EMCJ-EMC-MW-EST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) C帯マイクロ波電力伝送システム用HySIC実現に向けたGaNダイオード整流器の基礎検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) C-Band GaN Diode Rectifier for HySIC MPT System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線電力伝送 / Wireless Power Transmission  
キーワード(2)(和/英) 宇宙太陽光発電 / space solar power system  
キーワード(3)(和/英) HySIC / hybrid semiconductor integrated circuit  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 賢史 / Satoshi Yoshida / ヨシダ サトシ
第1著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮地 晃平 / Akihira Miyachi / ミヤチ アキヒラ
第2著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
JAXA (略称: JAXA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸川 諒子 / Ryoko Kishikawa / キシカワ リョウコ
第3著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
AIST (略称: AIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀部 雅弘 / Masahiro Horibe / ホリベ マサヒロ
第4著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
AIST (略称: AIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 西川 健二郎 / Kenjiro Nishikawa / ニシカワ ケンジロウ
第5著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 川崎 繁男 / Shigeo Kawasaki / カワサキ シゲオ
第6著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
JAXA (略称: JAXA)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-20 14:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-EMCJ2016-69,IEICE-MW2016-101,IEICE-EST2016-65 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.253(EMCJ), no.254(MW), no.255(EST) 
ページ範囲 pp.53-56 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EMCJ-2016-10-13,IEICE-MW-2016-10-13,IEICE-EST-2016-10-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会