電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-20 16:10
構成性システムとその手書き文字認識への応用について
伊達 章窪田 光山田雄輔宮崎大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) S. Geman の構成性システム(Composition Systems)を紹介し,それを手書き文字認識への応用した Huang (2001) を追実験した結果を紹介する.このシステムは,画像理解にも使える確率的生成モデルであり,「物事をできるだけひとまとめにして解釈しよう」とする人のパターン認識に顕著な性質を,確率分布を用い数学的に定式化したものである.有望な手法であるが,未だ広く使われるには至っていない.このことについても考察する. 
(英) Most of the pattern recognition methods currently used in the real world application are statistical ones, such as feedforward neural networks, Markov random fields while syntactical or grammatical approaches are not exploited. Since current generation feedforaward neural networks are expected not to be able to learn the underlying structure of the outer world, we believe that grammatical approach is promising. S. Geman et al.(1998) developed mathematical foundations of composition systems. Compositionality is with re-usability and hierarchy, and we see it everywhere (e.g. vision, natural language). Here we illustrate the composition systems and the experiments we did with hand-written character.
キーワード (和) 構成性システム / 階層性 / 部分と全体 / 知識表現 / 確率的生成モデル / / /  
(英) Composition Systems / Reusable Parts / Part-Whole Hierarchy / Generative Models / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 259, PRMU2016-94, pp. 19-24, 2016年10月.
資料番号 PRMU2016-94 
発行日 2016-10-13 (PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU  
開催期間 2016-10-20 - 2016-10-21 
開催地(和) 宮崎大学 
開催地(英)  
テーマ(和) オープンサイエンス~研究資源と研究体制のオープン化~ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2016-10-PRMU 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 構成性システムとその手書き文字認識への応用について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On the composition systems and their application to handwritten character recognition 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 構成性システム / Composition Systems  
キーワード(2)(和/英) 階層性 / Reusable Parts  
キーワード(3)(和/英) 部分と全体 / Part-Whole Hierarchy  
キーワード(4)(和/英) 知識表現 / Generative Models  
キーワード(5)(和/英) 確率的生成モデル /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊達 章 / Akira Date / ダテ アキラ
第1著者 所属(和/英) 宮崎大学 (略称: 宮崎大)
University of Miyazaki (略称: Univ. Miyazaki)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 窪田 光 / Hikari Kubota /
第2著者 所属(和/英) 宮崎大学 (略称: 宮崎大)
University of Miyazaki (略称: Univ. Miyazaki)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 雄輔 / Yusuke Yamada /
第3著者 所属(和/英) 宮崎大学 (略称: 宮崎大)
University of Miyazaki (略称: Univ. Miyazaki)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-20 16:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2016-94 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.259 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2016-10-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会