電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-14 14:25
ディープラーニングを用いたEthernetフレーム長によるWebサービスの推定方法
杉田大知伊藤嘉浩名工大IA2016-23
抄録 (和) 本論文は,Ethernetヘッダに含まれるフレーム長から,ディープラーニングによりWebサービスを推定する方法を提案し,実験によりその有効性の評価を行うものである.本方式はフレーム長のみを利用するため,トラヒックが暗号化されている場合でも推定を行うことが可能である.本方式では,単一のWebサービスだけではなく,複数のWebサービスを同時に推定することができる.本論文では5つの実際のWebサービスに対して評価を行い,本方式の有効性を確認している. 
(英) This paper proposes a method of Web service identification with Ethernet frame length by Deep Learning; it confirms effectiveness of the proposed method by experiment. Since the method uses only frame length, it can be applied to encrypted traffic. The proposed method can identify not only a single Web service but also multiple Web services simultaneously. This paper does experiments for five actual Web services, and confirms the effectiveness of the proposed method.
キーワード (和) フレーム長 / トラヒック識別 / ディープラーニング / Webサービス / / / /  
(英) Frame length / Traffic identification / Deep learning / Web service / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 247, IA2016-23, pp. 7-12, 2016年10月.
資料番号 IA2016-23 
発行日 2016-10-07 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2016-23

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2016-10-14 - 2016-10-14 
開催地(和) 東京大学 小柴ホール 
開催地(英) Univ. of Tokyo, Koshiba Hall 
テーマ(和) ネットワーク研究開発テストベッド運用・利用、一般(ADVNET共催) 
テーマ(英) Network R&D Testbed Operation and Utilization, etc. (cosponsored by ADVNET) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2016-10-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ディープラーニングを用いたEthernetフレーム長によるWebサービスの推定方法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Method of Web Service Identification with Ethernet frame length by Deep Learning 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) フレーム長 / Frame length  
キーワード(2)(和/英) トラヒック識別 / Traffic identification  
キーワード(3)(和/英) ディープラーニング / Deep learning  
キーワード(4)(和/英) Webサービス / Web service  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉田 大知 / Daichi Sugita / スギタ ダイチ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 嘉浩 / Yoshihiro Ito / イトウ ヨシヒロ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-14 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2016-23 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.247 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IA-2016-10-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会