電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-13 15:15
A study on 64APSK Coded Modulation
Yuki KoizumiYoichi SuzukiMasaaki KojimaKyoichi SaitoShoji TanakaNHKSAT2016-55
抄録 (和) We’re engaged in improving the performance of 64APSK coded modulation with the purpose of further increasing transmission capacity for 12GHz-band satellite broadcasting. For designing 64APSK coded modulation, we use channel capacity equivalent to the modulation constrained Shannon limit. The 64APSK constellation and bit allocation for set partitioning are designed so that channel capacity is maximized. We also improve transmission performance by applying LDPC code with a different coding rate for each bit as error-correcting code for 64APSK coded modulation. The transmission performance of this method under additive white Gaussian noise (AWGN) is evaluated by computer simulation. The results show that the required C/N for our proposed methods can be improved by about 1.0 dB compared with the conventional one under the same coding rate of 4/5. 
(英) We’re engaged in improving the performance of 64APSK coded modulation with the purpose of further increasing transmission capacity for 12GHz-band satellite broadcasting. For designing 64APSK coded modulation, we use channel capacity equivalent to the modulation constrained Shannon limit. The 64APSK constellation and bit allocation for set partitioning are designed so that channel capacity is maximized. We also improve transmission performance by applying LDPC code with a different coding rate for each bit as error-correcting code for 64APSK coded modulation. The transmission performance of this method under additive white Gaussian noise (AWGN) is evaluated by computer simulation. The results show that the required C/N for our proposed methods can be improved by about 1.0 dB compared with the conventional one under the same coding rate of 4/5.
キーワード (和) 64APSK / Coded Modulation / Set partitioning / LDPC code / Satellite Broadcasting / / /  
(英) 64APSK / Coded Modulation / Set partitioning / LDPC code / Satellite Broadcasting / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 243, SAT2016-55, pp. 51-56, 2016年10月.
資料番号 SAT2016-55 
発行日 2016-10-06 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SAT2016-55

研究会情報
研究会 SAT  
開催期間 2016-10-13 - 2016-10-14 
開催地(和) 仁川大学松島R104, Auditorium & Performing Place 
開催地(英) Incheon Univ. Songdo R104, Auditorium & Performing Place 
テーマ(和) 衛星通信技術及び一般 
テーマ(英) Satellite Communications, etc. (JC-SAT 2016) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2016-10-SAT 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on 64APSK Coded Modulation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 64APSK / 64APSK  
キーワード(2)(和/英) Coded Modulation / Coded Modulation  
キーワード(3)(和/英) Set partitioning / Set partitioning  
キーワード(4)(和/英) LDPC code / LDPC code  
キーワード(5)(和/英) Satellite Broadcasting / Satellite Broadcasting  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小泉 雄貴 / Yuki Koizumi / コイズミ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 陽一 / Yoichi Suzuki / スズキ ヨウイチ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小島 政明 / Masaaki Kojima / コジマ マサアキ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 斎藤 恭一 / Kyoichi Saito / サイトウ キョウイチ
第4著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 祥次 / Shoji Tanaka / タナカ ショウジ
第5著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-13 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SAT2016-55 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.243 
ページ範囲 pp.51-56 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SAT-2016-10-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会