電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-09 16:40
ソースコード内の典型的部分構造に対する説明の調査
大賀賢志間嶋義喜岡田拓也竹内和広阪電通大TL2016-36
抄録 (和) プログラムの詳細構造に立ち入らずに,その機能や具体的実装の共通理解を得るためには,プログラムに対しての自然言語による適切な説明が必要となる.そのようなプログラムの典型的構造の言語化はプログラム教育においても必要であると考える.本研究では,各種のソースコードをグラフにより表現し,各種のプログラムに典型的に出現する部分グラフを検討した上で,そのような部分構造と自然言語による説明との対応付けを検討する. 
(英) Natural language is one of the common ways used for obtaining a mutual understanding of functions in program code.
However, it is unclear when and how we use abstract explanation for a certain complex function instead of the words used for elemental function of programs.
In this paper, we apply graph mining technology to source code mining, in which each program code is transformed into graph representation.
We analyzed a set of the typical partial structure mined from the programs shown in textbooks and open source program with bottom-up approach.
Examining the association between such partial structures and their explanations written in natural language in textbooks, we found some examples that correspond to constructing partial program structure from elemental units of program.
キーワード (和) ソースコード解析 / グラフ表現 / 説明文章との対応 / / / / /  
(英) Program analysis / Graph representation / Indexing partial program structure / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 242, TL2016-36, pp. 59-62, 2016年10月.
資料番号 TL2016-36 
発行日 2016-10-02 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TL2016-36

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2016-10-09 - 2016-10-09 
開催地(和) 神戸学院大学ポートアイランドキャンパスD号館アクティブスタジオ 
開催地(英) Kobe Gakuin University (Port Island Campus) 
テーマ(和) 『思考と身体と言語』・『感情と認知と言語』・『思考と言語一般』 
テーマ(英) "Thought, Body and Language", "Emotion, Cognition and Language" 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2016-10-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ソースコード内の典型的部分構造に対する説明の調査 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An investigation of explanation for typical partial structures extracted by source code mining 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ソースコード解析 / Program analysis  
キーワード(2)(和/英) グラフ表現 / Graph representation  
キーワード(3)(和/英) 説明文章との対応 / Indexing partial program structure  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大賀 賢志 / Satoshi Oga / オオガ サトシ
第1著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: OECU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 間嶋 義喜 / Yoshiki Mashima / マシマ ヨシキ
第2著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: OECU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 拓也 / Takuya Okada / オカダ タクヤ
第3著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: OECU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 和広 / Kazuhiro Takeuchi / タケウチ カズヒロ
第4著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: OECU)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-09 16:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2016-36 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.242 
ページ範囲 pp.59-62 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-TL-2016-10-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会