電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-09 16:10
事態把握の違いを用いた語学学習法(3)
佐野 洋東京外国語大TL2016-35
抄録 (和) 前稿( [1])では,事態の把握の仕方の違いに着目した語学学習法の提案を行った.特徴は,認知的な事態把握の方法を明示化して,無意識化されている母語(日本語)の特徴を意識化させることにある.同時に,英語の事態把握の特徴と比較することでターゲット言語(英語)との違いを先鋭化させ,気づきを促進する.時空間把握の相違の説明には視覚情報を用いることができ,理解し易い.前稿は,アスペクトとモノの認識の違いを示した.本稿では,基本の文型を示し,その違いについて言及する.また,事態把握の違いから生まれるモノの参照と指示の文法化の違いについても説明する. 
(英) The literature reported to the technical committee held on July reported about a cognitive-related approach to learning language with perceived structures of spatio-temporal images envisaged in describing world. The approach is an effective way of providing knowledge and of giving learners useful background cognition that will enable them to understand the usage of target language clearly. This has two crucial advantages over the current language learning methods. First, learners are led to spend less time on language study. Second, learners with the comparative cognitive way for languages actively seek out the tacit knowledge that is implicit and often hidden in contexts and discourse environments. They recognize that this tacit knowledge may differ from their native language to English language.
The paper will explain basic sentence patterns of the two languages. Underlying mechanisms for referring and denoting objects expressed in sentences will be provided in the paper.
キーワード (和) 事態の把握 / 日英対照 / 英語学習 / / / / /  
(英) Contrastive analysis on Japanese and English / Effective way of learning English / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 242, TL2016-35, pp. 53-58, 2016年10月.
資料番号 TL2016-35 
発行日 2016-10-02 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TL2016-35

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2016-10-09 - 2016-10-09 
開催地(和) 神戸学院大学ポートアイランドキャンパスD号館アクティブスタジオ 
開催地(英) Kobe Gakuin University (Port Island Campus) 
テーマ(和) 『思考と身体と言語』・『感情と認知と言語』・『思考と言語一般』 
テーマ(英) "Thought, Body and Language", "Emotion, Cognition and Language" 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2016-10-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 事態把握の違いを用いた語学学習法(3) 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Language-learning Method Obtained by the Manners of Thinking and Perceiving Events (3) 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 事態の把握 / Contrastive analysis on Japanese and English  
キーワード(2)(和/英) 日英対照 / Effective way of learning English  
キーワード(3)(和/英) 英語学習 /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐野 洋 / Hiroshi Sano / サノ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 東京外国語大学 (略称: 東京外国語大)
Tokyo University of Foreign Studies (略称: TUFS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-09 16:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2016-35 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.242 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2016-10-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会