電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-06 14:20
[ポスター講演]Wi-Fi位置指紋法と歩行者デッドレコニングを用いた屋内測位システム
小坂亮太タン ザ カン阪口 啓荒木純道東工大
抄録 (和) 近年,駅構内や商業施設内におけるナビゲーションやジオフェンシングといった位置情報サービスの普及により屋内測位システムが注目されている.
屋内測位システムとしてWi-Fi電波の受信信号強度を用いたシステムやスマートフォン内臓センサを利用した歩行者デッドレコニングなどが数多く提案されている.
しかし,通常のWi-Fiモジュールでは取得可能なパラメタが受信信号強度のみであり,高い推定精度が得られにくいことや,歩行者デッドレコニングでは位置推定誤差が累積すること等の問題がある.
本稿では,この問題を解決するために,高精度な屋内測位手法と知られる位置指紋法および粒子フィルタを用いる.
本提案法では,Wi-FiAP側において2本のアンテナを実装し,受信信号強度以外にアンテナ間の位相差情報を指紋として用いることで高精度化を図り,
また,スマートフォン等の端末側において内臓センサ情報を用いて歩行者の移動量を見積もり,Wi-Fi電波と移動量の情報を粒子フィルタに適用することで,誤差蓄積の軽減を図る.
本研究では提案した屋内測位システムを実際に構築し,屋内実験により,平均推定誤差1.6mの達成を検証したので,報告する. 
(英) In recent years, location estimation techniques have been attracting much attention, because of rapidly growing location based services e.g. navigation and geofencing inside train stations and other commercial facilities.
Many localization systems utilizing Received Signal Strength Indicator (RSSI) of Wi-Fi radio wave and Pedestrian Dead Reckoning (PDR) have been proposed.
But, the localization accuracy of the conventional approach is not good, because only Received Signal Strength Indicator (RSSI) is available from off-the-shelf Wi-Fi modules and PDR accumulates estimation errors of location.
This paper employs a high-performance indoor localization algorithm, called fingerprint, which is known to be suitable for indoor environment in terms of estimation accuracy and furthermore introduces particle filter to solve the problems.
The proposal method enables high-accuracy owing to utilizing received signal phase difference in addition to RSSI by implementing two antennas at each AP; and mitigating accumulated errors by inputing information of Wi-Fi radio wave and movement of pedestrian into particle filter.
We constructed the above indoor localization system.
Experiment results in indoor environment shows the effectiveness of the proposal method by achieving an average estimation error of 1.6 meter.
キーワード (和) 位置指紋法 / Wi-Fi位置測位 / 歩行者デッドレコニング / 位相情報 / 実証実験 / / /  
(英) location fingerprint / Wi-Fi localization / Pedestrian Dead Reckoning / phase information / validation experiment / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2016-10-06 - 2016-10-07 
開催地(和) JA長野県ビル 
開催地(英) Naganoken Nokyo Building 
テーマ(和) 第2回CQ基礎講座ワークショップ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2016-10-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Wi-Fi位置指紋法と歩行者デッドレコニングを用いた屋内測位システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Indoor Localization System with Wi-Fi Fingerprints and Pedestrian Dead Reckoning 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 位置指紋法 / location fingerprint  
キーワード(2)(和/英) Wi-Fi位置測位 / Wi-Fi localization  
キーワード(3)(和/英) 歩行者デッドレコニング / Pedestrian Dead Reckoning  
キーワード(4)(和/英) 位相情報 / phase information  
キーワード(5)(和/英) 実証実験 / validation experiment  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小坂 亮太 / Ryota Kosaka / コサカ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) タン ザ カン / Gia Khanh Tran / タン ザ カン
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪口 啓 / Kei Sakaguchi / サカグチ ケイ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒木 純道 / Kiyomichi Araki / アラキ キヨミチ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-06 14:20:00 
発表時間 50 
申込先研究会 CQ 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会