電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-06 13:20
[ポスター講演]フォワードリンクMU-MIMOとリバースリンクMU-MIMOを用いた無線メッシュネットワークの面的伝送効率による評価
不破 力岡田 啓小林健太郎片山正昭名大
抄録 (和) 無線ノードの設置のみで構築可能な無線メッシュネットワークは,災害時等
への応用が期待されており,免許不要な周波数帯を用いたIEEE 802.11が想定されていることが多い.
IEEE 802.11acではフォワードリンク(ダウンリンク)MU (Multi-User)-MIMO
(Multiple-Input Multiple-Output)がサポートされており,伝送効率の向上が
確認されている.そして後継のIEEE 802.11axではリバースリンク (アップリンク) MU-MIMOの導入が検討さ
れており,今後更なる高効率化が予想されている.
そのため本研究では,これらを用いた無線メッシュネットワークの性能評価を
行なう.またその際には,単位面積あたりの送信パケット数である面的伝送効
率を評価指標として用い,キャリアセンス領域や干渉領域を考慮した幾何的デー
タレートを評価する.そして,トラフィックに応じて両者の性能が異なること
を示す. 
(英) Mesh networks, which can be easily constructed by distributing
nodes only, are used as emergency communication networks.
The wireless mesh networks employ a wireless local area network, IEEE 802.11, which uses an unlicensed frequency band.
IEEE 802.11ac supports forward-link (downlink) MU-MIMO and can improve transmission
efficiency.
IEEE 802.11ax, which is under standardization following 802.11ac,
applies reverse-link (uplink) MU-MIMO, and can result in further
improvement of efficiency.
The purpose of this paper is to investigate the performance of wireless mesh networks
using MU-MIMO.
We use area transmission efficiency as an evaluation index, where the area transmission
efficiency indicates the number of packets in a unit area, and evaluate
a geometrical data rate considering a carrier sense region and an interfere region.
In addition, the results show the difference in the performances
between forward- and reverse-link MU-MIMO according to the traffic
in the network.
キーワード (和) 無線メッシュネットワーク / フォワードリンクMU-MIMO / リバースリンクMU-MIMO / 面的伝送効率 / / / /  
(英) wireless mesh network / forward-link MU-MIMO / reverse-link MU-MIMO / area transmission efficiency / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2016-10-06 - 2016-10-07 
開催地(和) JA長野県ビル 
開催地(英) Naganoken Nokyo Building 
テーマ(和) 第2回CQ基礎講座ワークショップ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2016-10-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) フォワードリンクMU-MIMOとリバースリンクMU-MIMOを用いた無線メッシュネットワークの面的伝送効率による評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of Area Transmission Efficiency in Wireless Mesh Networks Using Forward- and Reverse-Link MU-MIMO 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線メッシュネットワーク / wireless mesh network  
キーワード(2)(和/英) フォワードリンクMU-MIMO / forward-link MU-MIMO  
キーワード(3)(和/英) リバースリンクMU-MIMO / reverse-link MU-MIMO  
キーワード(4)(和/英) 面的伝送効率 / area transmission efficiency  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 不破 力 / Chikara Fuwa / フワ チカラ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 啓 / Hiraku Okada / ヒラク オカダ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 健太郎 / Kentaro Kobayashi / コバヤシ ケンタロウ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 片山 正昭 / Masaaki Katayama / カタヤマ マサアキ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-06 13:20:00 
発表時間 50 
申込先研究会 CQ 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会