電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-06 13:00
[ポスター講演]SC-FDEにおける誤り訂正を考慮した理論ビット誤り率の解析に関する一検討
齋藤周平菅沼碩文前原文明早大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) SC-FDEはPAPRを低く抑えつつ,周波数選択性フェージングを克服できることから,低コストな送信機構成が求められる広帯域無線通信のアップリンク伝送への適用に有効である.これまでに,SC-FDEの特性については,瞬時信号電力対干渉電力及び雑音電力比(SINR)の定式化がなされており,それにより特性評価にかかる計算コストを大幅に削減できる.本稿では,通常,SC-FDE方式に対して,誤り訂正技術が適用されることに鑑み,定式化された瞬時SINRをベースに,誤り訂正利得を含めた理論ビット誤り率(BER)の解析を行う.本解析は, SC-FDEの出力信号の瞬時SINRが一様と見なせることから,それに対してAWGNを想定した誤り訂正利得が適用できる点に着目している.さらに,理論BERと計算機シミュレーションによるBERを比較することにより,提案する解析法の妥当性を検証する. 
(英) SC-FDE is a promising technique to realize broadband uplink transmission which requires a transmitter with lower cost because of its attractive features of a low PAPR and robustness against frequency selective fading. In respect of the performance evaluation of SC-FDE, the theoretical formula of the instantaneous SINR has been derived so far, which can dramatically reduces computational load. In this report, we theoretically analyze the BER of coded SC-FDE base on the theoretical results of SINR. In our analysis, theoretical channel coding gain under AWGN is adopted for the theoretical SINR of the FDE outputs because the SINR characteristic is considered to be flat within an FDE block. The validity of the proposed approach is confirmed by the agreement with the computer simulation results.
キーワード (和) SC-FDE / マルチパスフェージング / ビット誤り率 / 理論解析 / 誤り訂正 / / /  
(英) SC-FDE / multipath fading / bit error rate / theoretical analysis / channel coding / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 236, WBS2016-42, pp. 59-63, 2016年10月.
資料番号 WBS2016-42 
発行日 2016-09-29 (WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 WBS  
開催期間 2016-10-06 - 2016-10-06 
開催地(和) 防衛大学校 
開催地(英) National Defense Academy 
テーマ(和) 光無線通信,ポスター講演,一般 
テーマ(英) Visual Light Communiation, Poster Session, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2016-10-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SC-FDEにおける誤り訂正を考慮した理論ビット誤り率の解析に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Theoretical Analysis of Bit Error Rate in Coded SC-FDE Transmission 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SC-FDE / SC-FDE  
キーワード(2)(和/英) マルチパスフェージング / multipath fading  
キーワード(3)(和/英) ビット誤り率 / bit error rate  
キーワード(4)(和/英) 理論解析 / theoretical analysis  
キーワード(5)(和/英) 誤り訂正 / channel coding  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 周平 / Shuhei Saito / サイトウ シュウヘイ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅沼 碩文 / Hirofumi Suganuma / スガヌマ ヒロフミ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 前原 文明 / Fumiaki Maehara / マエハラ フミアキ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-06 13:00:00 
発表時間 150 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-WBS2016-42 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.236 
ページ範囲 pp.59-63 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-WBS-2016-09-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会