電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-06 13:00
[ポスター講演]カメラ型可視光通信における擬似撮影画像を用いた信号復調法及びその演算量削減の検討
大平祐生長岡技科大)・荒井伸太郎岡山理科大)・圓道知博長岡技科大WBS2016-41
抄録 (和) 本研究では,高度道路交通システム(ITS: Intelligent Transport System)のためのイメージセンサ型LED可視光通信に注目している.
イメージセンサを用いた可視光通信では,送受信機間の距離等が原因で撮影画像が劣化し,
撮影画像から送信機上の各LEDの点滅状態を判定することが困難となってしまう問題がある.
この問題解決のため,これまでに実際の撮影画像を模した擬似撮影画像を用いた信号復調法を提案し,優れた信号復調性能を持つことを確認した.
しかしながら,その手法では送信機LED数が増加するにつれ,送信機LEDの点滅状態推定のために必要な演算量が増加してしまう欠点があった.
そこで,本研究では,擬似撮影画像を用いた手法に対して,その演算量の削減を行うための手法の提案を行う.
提案手法ではまず最初にMinimum Mean Square Errorアルゴリズムにより,受信画像から各LEDの点灯状態の推定を行い,その推定結果を考慮することで,擬似撮影画像を用いた復調法で必要な演算量を削減する手法の提案を行う. 
(英) In this paper, we focus on the visible light communication using a high-speed image sensor for an intelligent transports system.
This system's receiver suffers from an inability to detect the correct
light-emitting diode pixel values since the captured image blurs owing to spatial channel characterization.
To overcome this problem, we proposed data demodulation methods from blurred images
by using maximum likelihood estimation (MLE) method.
However, this method requires high complexity as the number of LEDs increases.
In this paper, we propose a demodulation algorithm whose performance approaches
the MLE method with significantly reduced complexity by considering the reliability of results of MMSE estimation using a threshold parameter.
We conduct computer simulation to evaluate the BER performance of proposed method and complexity reduction performance.
We confirm that the BER performance of the proposed method is close to MLE method and the complexity reduction performance.
キーワード (和) 可視光通信 / LED / 高速度カメラ / ITS / / / /  
(英) Visible light communication / LED / High-speed image sensor / ITS / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 236, WBS2016-41, pp. 53-57, 2016年10月.
資料番号 WBS2016-41 
発行日 2016-09-29 (WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2016-41

研究会情報
研究会 WBS  
開催期間 2016-10-06 - 2016-10-06 
開催地(和) 防衛大学校 
開催地(英) National Defense Academy 
テーマ(和) 光無線通信,ポスター講演,一般 
テーマ(英) Visual Light Communiation, Poster Session, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2016-10-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) カメラ型可視光通信における擬似撮影画像を用いた信号復調法及びその演算量削減の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Signal Demodulation Method Based on Pseudo Captured Image and its Complexity Reduction for Image-Sensor-Based Visible Light Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 可視光通信 / Visible light communication  
キーワード(2)(和/英) LED / LED  
キーワード(3)(和/英) 高速度カメラ / High-speed image sensor  
キーワード(4)(和/英) ITS / ITS  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大平 祐生 / Yuki Ohira / オオヒラ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒井 伸太郎 / Shintaro Arai / アライ シンタロウ
第2著者 所属(和/英) 岡山理科大学 (略称: 岡山理科大)
Okayama University of Science (略称: Okayama Univ. of Sci.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 圓道 知博 / Tomohiro Yendo / エンドウ トモヒロ
第3著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-06 13:00:00 
発表時間 150 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-WBS2016-41 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.236 
ページ範囲 pp.53-57 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-WBS-2016-09-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会