電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-06 11:30
テキストクエリで指定した画像中の領域を特定する一手法
遠藤 昂豊橋技科大)・船越孝太郎エリック ニコルズHRI-J)・青野雅樹豊橋技科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) テキストクエリで指定した画像中の領域を特定する手法を開発したので報告する.入力は画像と領域を示すテキストで,出力は矩形領域(x,y,w,h)((x,y)は領域左上の座標,wは幅,hは高さ)という問題に対して,深層学習を応用したモデルを構築し,回帰問題に帰着させた提案方法を述べる.回帰を用いることであらかじめ候補領域の予測を行う必要がなくなる.評価にはノースキャロライナ大学が開発したデータセットReferItを用いた.その結果,矩形領域の4つのパラメータを独立に予測するベースライン手法や候補領域にランキングを付けるHuらの手法cite{Hu}より優れた精度に達した. 
(英) We propose a method to identify the area in the image that corresponds to a user's text query. The input to the system is the image and the text representing the area. The output from the system is the bounding box (x, y, w, h), where (x, y) is the upper-left corner coordinates of the area, w is its width, and h is its height. We treat area prediction as a regression problem and train deep neural network model directly the input image and query text, eliminating the need for external candidate region prediction. In evaluation on the "ReferIt" dataset, provided by the University of North Carolina, our proposed approach achieves state-of-the-art performance, surpassing a baseline system that learns independent regressions model for each of the four parameters and the candidate generation and ranking approach of Hu et al.[2]
キーワード (和) 深層学習 / テキストクエリ / 領域特定 / 回帰 / / / /  
(英) deep learning / query texts / bounding box / regression / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 239, IE2016-66, pp. 7-12, 2016年10月.
資料番号 IE2016-66 
発行日 2016-09-29 (IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IE ITE-ME ITE-AIT  
開催期間 2016-10-06 - 2016-10-07 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 感性とメディアおよび高精細度画像処理,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2016-10-IE-ME-AIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) テキストクエリで指定した画像中の領域を特定する一手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Method for Predicting Image Region Specified by Query Texts 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 深層学習 / deep learning  
キーワード(2)(和/英) テキストクエリ / query texts  
キーワード(3)(和/英) 領域特定 / bounding box  
キーワード(4)(和/英) 回帰 / regression  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠藤 昂 / Kou Endo / エンドウ コウ
第1著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: TUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 船越 孝太郎 / Kotarou Funakoshi / フナコシ コウタロウ
第2著者 所属(和/英) 株式会社ホンダリサーチインスティチュート・ジャパン (略称: HRI-J)
Honda Research Institute Japan (略称: HRI-J)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) エリック ニコルズ / Eric Nichols / エリック ニコルズ
第3著者 所属(和/英) 株式会社ホンダリサーチインスティチュート・ジャパン (略称: HRI-J)
Honda Research Institute Japan (略称: HRI-J)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 青野 雅樹 / Masaki Aono / アオノ マサキ
第4著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: TUT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-06 11:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-IE2016-66 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.239 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IE-2016-09-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会