電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-10-06 14:20
[ポスター講演]マルチビームMassive MIMOの性能評価に関する検討
村松郁也西森健太郎谷口諒太郎亀山航平牧野秀夫新潟大
抄録 (和) Massive MIMO は,基地局に多数のアンテナを配置し,その数をユーザ数よりも多くすることで,簡易な信号処理でサービスエリアの向上と干渉低減が実現可能となるため,近年次世代移動通信システムのキー技術として注目を集めている.これまで,著者らはアナログ部でマルチビームの形成・選択を行い,ディジタル部でConstant Modulus Algorithm (CMA) を適用することで,伝搬チャネル応答(Channel State Information : CSI) 推定を不要とするmassive MIMO 伝送法を提案した.
従来の検討では,提案法について2ユーザに対しての性能を評価してきた.本報告では,提案方法のさらなる可能性を明らかにするために,より干渉の影響が大きくなる多ユーザ数における上り回線マルチビームmassive MIMO の性能を評価する. 
(英) Massive MIMO transmission, whose number of antennas is much larger than the number of user terminals, has been attracted much attention as one of key technologies in next-generation mobile communication system, because it enables improvement in service area and interference mitigation by simple signal processing.
Multi-beam massive MIMO configuration has proposed that utilizes the beam selection with high power in analog part and blind algorithm such as constant modulus algorithm (CMA) which does not need channel state information (CSI) is applied in digital part.
In the conventional study, the performance of the proposed method has been evaluated when 2-user scenario is assumed. In order to verify the effectiveness of the proposed method when the interference condition is more severe, the performance of proposed massive MIMO when considering the large number of users is evaluated.
キーワード (和) Massive MIMO / マルチビーム / CMA / 多値変調 / / / /  
(英) Massive MIMO / Multi-beam / CMA / multi-level modulation / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2016-10-06 - 2016-10-07 
開催地(和) JA長野県ビル 
開催地(英) Naganoken Nokyo Building 
テーマ(和) 第2回CQ基礎講座ワークショップ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2016-10-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチビームMassive MIMOの性能評価に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on the performance evaluation of multi-beam Massive MIMO 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Massive MIMO / Massive MIMO  
キーワード(2)(和/英) マルチビーム / Multi-beam  
キーワード(3)(和/英) CMA / CMA  
キーワード(4)(和/英) 多値変調 / multi-level modulation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村松 郁也 / Fumiya Muramatsu / ムラマツ フミヤ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西森 健太郎 / Kentaro Nishimori / ニシモリ ケンタロウ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 諒太郎 / Ryotaro Taniguchi / タニグチ リョウタロウ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀山 航平 / Kohei Kameyama / カメヤマ コウヘイ
第4著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 牧野 秀夫 / Hideo Makino / マキノ ヒデオ
第5著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-10-06 14:20:00 
発表時間 50 
申込先研究会 CQ 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会