電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-09-30 10:25
Efficient Disaster Recovery of Optical Transport Networks with Multi-vendor Interconnection and Portable EDFAs
Sugang XuNICT)・Noboru YoshikaneKDDI R&D Lab)・Masaki ShiraiwaNICT)・Takehiro TsuritaniKDDI R&D Lab)・Hiroaki HaraiYoshinari AwajiNaoya WadaNICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) For the recovery of core optical transport networks after disaster, in this paper, we address an emergency optical network design problem. We take account of both the interconnection of the surviving multi-vendor optical resources and the utilization of the emergency portable EDFAs. The surviving multi-vendor optical nodes [e.g., reconfigurable optical add/drop multiplexer (ROADM) or wavelength cross-connect (WXC)] and fiber links are the first available resources in disaster recovery. The portable EDFAs are the added emergency resources for replacing the optical nodes which are either destroyed or down due to the power outage in the disaster so as to satisfy the requirement of long distance optical signal transmission. We model an emergency network planning using the integer linear programming (ILP) formulation such that the locations for the emergency interconnection of the multi-vendor networks and for the placement of the portable EDFAs are optimally selected. Evaluations results validate the benefits of the multi-vendor interconnection approach and the utilization of the emergency portable EDFAs. 
(英) For the recovery of core optical transport networks after disaster, in this paper, we address an emergency optical network design problem. We take account of both the interconnection of the surviving multi-vendor optical resources and the utilization of the emergency portable EDFAs. The surviving multi-vendor optical nodes [e.g., reconfigurable optical add/drop multiplexer (ROADM) or wavelength cross-connect (WXC)] and fiber links are the first available resources in disaster recovery. The portable EDFAs are the added emergency resources for replacing the optical nodes which are either destroyed or down due to the power outage in the disaster so as to satisfy the requirement of long distance optical signal transmission. We model an emergency network planning using the integer linear programming (ILP) formulation such that the locations for the emergency interconnection of the multi-vendor networks and for the placement of the portable EDFAs are optimally selected. Evaluations results validate the benefits of the multi-vendor interconnection approach and the utilization of the emergency portable EDFAs.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Multi-vendor / Interconnection / Emergency optical networks / Emergency portable EDFA / Disaster recovery / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 232, CS2016-38, pp. 45-50, 2016年9月.
資料番号 CS2016-38 
発行日 2016-09-22 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS CS IN NV  
開催期間 2016-09-29 - 2016-09-30 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) ポストIPネットワーキング、次世代・新世代ネットワーク(NGN) 、ネットワークコーディング、セッション管理(SIP・IMS)、相互接続技術/標準化、ネットワーク構成管理及び一般 
テーマ(英) Post IP networking, Next Generation Network (NGN)/New Generation Network (NWGN), Contingency Plan/BCP, Network Coding/Network Algorithms, Session Management (SIP/IMS), Internetworking/Standardization, Network configuration, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2016-09-NS-CS-IN-NV 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Efficient Disaster Recovery of Optical Transport Networks with Multi-vendor Interconnection and Portable EDFAs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Multi-vendor  
キーワード(2)(和/英) / Interconnection  
キーワード(3)(和/英) / Emergency optical networks  
キーワード(4)(和/英) / Emergency portable EDFA  
キーワード(5)(和/英) / Disaster recovery  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 徐 蘇鋼 / Sugang Xu / ジョ ソコウ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉兼 昇 / Noboru Yoshikane / ヨシカネ ノボル
第2著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Lab (略称: KDDI R&D Lab)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 白岩 雅輝 / Masaki Shiraiwa / シライワ マサキ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 釣谷 剛宏 / Takehiro Tsuritani / ツリタニ タケヒロ
第4著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Lab (略称: KDDI R&D Lab)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 原井 洋明 / Hiroaki Harai / ハライ ヒロアキ
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 淡路 祥成 / Yoshinari Awaji / アワジ ヨシナリ
第6著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 尚也 / Naoya Wada / ワダ ナオヤ
第7著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-09-30 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2016-38 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.232 
ページ範囲 pp.45-50 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2016-09-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会