電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-09-29 10:35
アンライセンスバンドを活用したアドホックなモバイルネットワーク方式の提案・検討
河村憲一高谷直樹NTTNS2016-74
抄録 (和) モバイル通信トラフィックが急速に増加する中、ライセンスバンドに加えて5GHz帯等のアンライセンスバンドをLTEに使用する技術検討が進んでおり、アンライセンスバンドのみでLTEを適用する形態(スタンドアローン型アンライセンスバンドLTE)の技術検討も行われている。スタンドアローン型のアンライセンスバンドLTEを用いることで、電波免許を持たない者でも簡易にモバイルネットワークを構築できる利点があるが、モバイルネットワークの構築のためにはモバイルコアネットワーク機能であるEPCを配備する必要があり、より低コストなEPC配備法の必要性が高まると考えられる。本稿では、スタンドアローン型のアンライセンスバンドLTEを用いて、インターネット経由で簡易かつアドホック的なモバイルネットワークを構築する方式として、EPC機能をクラウドサーバと基地局に分散配備するアーキテクチャを提案し、ネットワーク負荷、ハンドオーバ遅延、End-to-Endの遅延性能について評価を行った。 
(英) Several technologies using unlicensed bands for LTE systems are proposed to improve deficiency of wireless capacity due to the limitation of licensed bands. Stand-alone unlicensed LTE is also proposed as a technology that provides LTE services with only unlicensed band. Stand-alone unlicensed LTE can be used by operators which are not allocated licensed bands, however the cost of mobile core network is an issue for the operators. In this paper, we propose a distributed P-GW architecture for the stand-alone unlicensed LTE system that provides mobile services as an ad-hoc overlay network. Additionally, we evaluate the effectiveness of our proposal in terms of network load, handover latency, and user data plane latency. We reveal that the proposed architecture has an advantage in terms of network loads and end-to-end latency and has an issue with handover latency.
キーワード (和) LTE / アンライセンスバンド / アドホックネットワーク / ハンドオーバ / / / /  
(英) LTE / Unlicensed Band / Ad-hoc Network / Handover / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 230, NS2016-74, pp. 1-6, 2016年9月.
資料番号 NS2016-74 
発行日 2016-09-22 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2016-74

研究会情報
研究会 NS CS IN NV  
開催期間 2016-09-29 - 2016-09-30 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) ポストIPネットワーキング、次世代・新世代ネットワーク(NGN) 、ネットワークコーディング、セッション管理(SIP・IMS)、相互接続技術/標準化、ネットワーク構成管理及び一般 
テーマ(英) Post IP networking, Next Generation Network (NGN)/New Generation Network (NWGN), Contingency Plan/BCP, Network Coding/Network Algorithms, Session Management (SIP/IMS), Internetworking/Standardization, Network configuration, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-09-NS-CS-IN-NV 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アンライセンスバンドを活用したアドホックなモバイルネットワーク方式の提案・検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of Ad-hoc Mobile Network Architecture using Unlicensed Bands 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) LTE / LTE  
キーワード(2)(和/英) アンライセンスバンド / Unlicensed Band  
キーワード(3)(和/英) アドホックネットワーク / Ad-hoc Network  
キーワード(4)(和/英) ハンドオーバ / Handover  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 河村 憲一 / Kenichi Kawamura / カワムラ ケンイチ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高谷 直樹 / Naoki Takaya / ナオキ タカヤ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-09-29 10:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2016-74 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.230 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2016-09-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会