電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-09-16 10:00
Ka帯2周波円偏波発生器
牛嶋 優湯川秀憲米田尚史宮崎守泰三菱電機エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2016-85
抄録 (和) 本稿では、矩形導波管内の相対向する1組の管壁に新たな形状の導体板を設けた円偏波発生器を提案する。提案する形状は、管軸方向に所定の間隔で配列されたひだ状の導体板と、管軸方向に細長い導体板を互いに直交させたものである。細長い導体板は、導波管内に入力された直交する2つの偏波間の通過位相差を、一般的なコルゲート形に比べ、大きくする効果がある。そのため、より少ないひだの数で通過位相差を90度に近づけることが可能となり、軸長短縮に有効である。さらに、通過位相差に対するひだの寄与を小さくすることにより、周波数偏差も低減する効果があり、広い帯域での軸比改善に有効である。本提案構造の効果について、理論式、電磁界解析および試作で検証した。なお、設計周波数はKa帯(20GHz、30GHz)である。結果、20GHz帯の帯域幅9%、および30GHz帯の帯域幅6.7%で軸比0.6dBを実現できることを解析的に確認した。試作において、製造誤差により軸比が0.9dBと0.3dB劣化したものの、提案する円偏波発生器の基本動作を確認した。 
(英) In this paper, a novel dual band rectangular waveguide polarizer is proposed. The proposed polarizer consists of some corrugated conductive plates and an elongated conductive plate (ridge) arranged at intervals in the axial direction. The elongated conductive plate has two effects, which is of increasing the phase difference between two orthogonal polarizations and is of decreasing frequency deviation between two orthogonal polarizations. It was verified by theory, analysis, and measures for Ka-band. As a result, it is confirmed that the polarizer has low axial ratio (0.6dB) characteristics in the bandwidth 9% at 20GHz and 6.7% at 30GHz by analysis. In measure, it was confirmed that the axial ratio was 0.9dB with respect to theoretical and analytical value 0.6dB.
キーワード (和) Ka帯 / 円偏波発生器 / 導波管 / 円偏波 / コルゲート / リッジ / /  
(英) Ka-Band / Polarizer / Waveguide / Circular Polarization / Corrugate Plate / Ridge / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 219, MW2016-85, pp. 65-70, 2016年9月.
資料番号 MW2016-85 
発行日 2016-09-08 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 AP MW  
開催期間 2016-09-15 - 2016-09-16 
開催地(和) 産総研 
開催地(英) AIST 
テーマ(和) マイクロ波・ミリ波,測定技術,一般 
テーマ(英) Microwave, Millimeter wave, Measurement, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2016-09-AP-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Ka帯2周波円偏波発生器 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Dual Band Rectangular Waveguide Polarizer for Ka-Band 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Ka帯 / Ka-Band  
キーワード(2)(和/英) 円偏波発生器 / Polarizer  
キーワード(3)(和/英) 導波管 / Waveguide  
キーワード(4)(和/英) 円偏波 / Circular Polarization  
キーワード(5)(和/英) コルゲート / Corrugate Plate  
キーワード(6)(和/英) リッジ / Ridge  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 牛嶋 優 / Yu Ushijima / ウシジマ ユウ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric (略称: Mitsubishi)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 湯川 秀憲 / Hidenori Yukawa / ユカワ ヒデノリ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric (略称: Mitsubishi)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 米田 尚史 / Naofumi Yoneda / ヨネダ ナオフミ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric (略称: Mitsubishi)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮崎 守泰 / Moriyasu Miyazaki / ミヤザキ モリヤス
第4著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric (略称: Mitsubishi)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-09-16 10:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2016-85 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.219 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2016-09-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会