お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-09-16 13:45
UWB WBANのためのレギュラトリーサイエンスに基づく認証基準の検討
鮫島景子河野隆二横浜国大MICT2016-40 MI2016-54
抄録 (和) 近年,人体近傍で用いられる無線ネットワークであるWireless Body Area Networks(WBAN)に注目が集まっている.しかし,WBANは無線機器と医療機器の両方の側面を持つため,電波法と医薬品医療機器等法(薬機法)の双方に基づく認証が必要となり,実用までに多くの時間を要するDevice Lagが問題となっている.そのため,本検討ではWBANの国際標準規格であるIEEE802.15.6のSymbol timeやSlotを簡易的に考慮し,IR-UWB WBANの出力やDuty-Cycle等のパラメータの制御を行う.また,その結果をレギュラとリーサイエンスの考えに基づいてリスクとベネフィットの対比として示すことで,IR-UWB WBANのための認証基準の検討を行う. 
(英) Recently, wireless medical devices have been attracting attentions. Although WBAN is useful, certification takes a lot of time because it must be based on both of the Radio Act and PMD Act. Therefore, we evaluate WBAN based on IEEE802.15.6 approximately and consider new criteria for it based on regulatory science.
キーワード (和) WBAN / UWB / 比吸収率 / レギュラトリ―サイエンス / / / /  
(英) WBAN / UWB / Specific Absorption Rate / Regulatory Science / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 224, MICT2016-40, pp. 25-29, 2016年9月.
資料番号 MICT2016-40 
発行日 2016-09-09 (MICT, MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MICT2016-40 MI2016-54

研究会情報
研究会 MI MICT  
開催期間 2016-09-16 - 2016-09-16 
開催地(和) 東京農工大学 小金井キャンパス 科学博物館3F 講堂 
開催地(英) Koganei Campus, Tokyo University of Agriculture and Technology 
テーマ(和) 医用情報処理のための数理とその応用、ヘルスケア・医療情報通信技術、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MICT 
会議コード 2016-09-MI-MICT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) UWB WBANのためのレギュラトリーサイエンスに基づく認証基準の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Consideration of criteria for certification of UWB WBAN based on regulatory science 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) WBAN / WBAN  
キーワード(2)(和/英) UWB / UWB  
キーワード(3)(和/英) 比吸収率 / Specific Absorption Rate  
キーワード(4)(和/英) レギュラトリ―サイエンス / Regulatory Science  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鮫島 景子 / Keiko Sameshima / サメシマ ケイコ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 河野 隆二 / Ryuji Kohno / コウノ リュウジ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-09-16 13:45:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MICT 
資料番号 IEICE-MICT2016-40,IEICE-MI2016-54 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.224(MICT), no.225(MI) 
ページ範囲 pp.25-29 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MICT-2016-09-09,IEICE-MI-2016-09-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会