お知らせ 5月31日(日曜日)夜21:00~24:00,バックアップ作業を行います.
作業中も継続利用できますが,サーバ負荷が高まることから断続的に接続しにくい状態となります.
この時間帯のアクセスをできるだけ避けてください.

お知らせ 5月31日 15:00~17:00の間,研究会システムサーバの設定変更作業のため,断続的にサーバを停止させます.
申込み,投稿,決済,幹事操作はお控えください.

お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-09-15 15:40
Neo4jを用いたストリーミンググラフの3D可視化
藤村 考大妻女子大LOIS2016-21 IE2016-58 EMM2016-47
抄録 (和) Neo4jはノードとエッジとしてデータを蓄積するグラフデータベースである。Neo4jはCypherと呼ぶクエリ言語により、条件にマッチしたサブグラフをデータベースから柔軟に抽出することができる。さらに、CypherはOrder by句を使うことで、抽出するエッジを指定した順番でソートすることができる。我々は、こうして得られたエッジを可視化空間に逐次的に追加することで、グラフ生成のダイナミックスを自在に可視化するCypherVis3Dと呼ぶツールを開発した。本稿では、特にパナマ文書のグラフデータベースを使って、パナマ文書に掲載されるオフショア法人の生成のダイナミックスの可視化を試みた。この結果、筆者らのシステムは、このような問題においてもプログラムを修正することなく、Cypherクエリの工夫だけで可視化することができ、本システムの汎用性の高さを確認することができた。 
(英) Neo4j is a graph database in which data are stored in the form of nodes and edges. Neo4j provides Cypher Query Language that allows users to retrieve subgraph that match conditions specified by the query. The sequence of the edges in the subgraph can be sorted in the order specified by ORDER BY clause of the syntax. We developed a system, CypherVis3D, that visualizes the evolution of the network by flexibly adding the sequence of edges and nodes to the graph as specified by the query. We report the experiments of applying this system to the panama papers and visualized the evolution of offshore companies’ network. This system is applicable to various types of applications without modifying the program by considering how to specify the query.
キーワード (和) グラフデータベース / Neo4j / グラフストリーム / 可視化 / 属性付きグラフ / パナマ文書 / three.js /  
(英) Graph database / Neo4j / Graph stream / Visualization / Property graph model / Panama papers / three.js /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 220, LOIS2016-21, pp. 19-24, 2016年9月.
資料番号 LOIS2016-21 
発行日 2016-09-08 (LOIS, IE, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード LOIS2016-21 IE2016-58 EMM2016-47

研究会情報
研究会 ITE-ME IE EMM LOIS IEE-CMN  
開催期間 2016-09-15 - 2016-09-16 
開催地(和) 愛知県立大学(長久手キャンパス) 
開催地(英) Aichi Prefectural University 
テーマ(和) マルチメディア通信/システム,ライフログ活用技術,IP放送/映像伝送,メディアセキュリティ,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LOIS 
会議コード 2016-09-ME-IE-EMM-LOIS-CMN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Neo4jを用いたストリーミンググラフの3D可視化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) 3D Visualization of Streaming Graphs using Neo4j Graph Database 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) グラフデータベース / Graph database  
キーワード(2)(和/英) Neo4j / Neo4j  
キーワード(3)(和/英) グラフストリーム / Graph stream  
キーワード(4)(和/英) 可視化 / Visualization  
キーワード(5)(和/英) 属性付きグラフ / Property graph model  
キーワード(6)(和/英) パナマ文書 / Panama papers  
キーワード(7)(和/英) three.js / three.js  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤村 考 / Ko Fujimura / フジムラ コウ
第1著者 所属(和/英) 大妻女子大学 (略称: 大妻女子大)
Otsuma Women's UniversityO (略称: Otsuma Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-09-15 15:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 LOIS 
資料番号 IEICE-LOIS2016-21,IEICE-IE2016-58,IEICE-EMM2016-47 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.220(LOIS), no.221(IE), no.222(EMM) 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-LOIS-2016-09-08,IEICE-IE-2016-09-08,IEICE-EMM-2016-09-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会