電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-09-15 09:30
高分解能WバンドレーダFALCON-Aによる北極域雲観測
鷹野敏明矢永賢洋河村洋平井浦太一森 大知森谷哲平千葉大
技報オンラインサービス実施中(エレソは開催日の前後のみ)  エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) W バンド 95 GHz の FMCW (周波数変調連続波) ドップラレーダ FALCON-A を新たに開発し,ノルウェー・スバールバル諸島ニーオルスンに設置した.FALCON-I は直径1m のアンテナ 2基で構成されており,FWHM が0.18°の高分解能で,これは高度 5 km で 15m の水平方向分解能に相当する.また、距離分解能は 48 m で,これは 通常のパルス方式レーダに較べて数倍高い分解能を実現している. FALCON-A の出力電量は 1W であり,パルス方式レーダに較べて格段に小さいが,高度 15 km までの雲を観測可能である.FALCON-A は 2013年9月に定常観測を開始し,冬期も含めて連続して自動観測を行っている. 講演では観測例も示す. 
(英) New cloud profiling FMCW (Frequency Modulated Continuous Wave) Doppler radar named FALCON-A in W-band 95 GHz is developed and installed at the Arctic Station in Ny-Alesund, Svalbard, Norway. FALCON-A consists of two 1m-diameter antennas and has high spatial resolution of 0.18 degree FWHM, which corresponds to 15m FWHM at the height of 5 km. A high range resolution of 48m is realized with the FMCW type radar, which is about several times higher than that of normal pulse type radar. Output power of FALCON-A is as small as 1W. Although its small output power, FALCON-A has enough sensitivities to observe thin clouds at high altitude up to 15 km and has high resolution in Doppler measurements. Using FALCON-A, we started regular observations in 2013 September at Ny-Alesund even in the winter days. Examples of observations with FALCON-A are presented.
キーワード (和) Wバンドレーダ / FMCW レーダ / 雲レーダ / 雲観測 / 北極基地 / 北極気候 / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 218, AP2016-87, pp. 1-4, 2016年9月.
資料番号 AP2016-87 
発行日 2016-09-08 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP MW  
開催期間 2016-09-15 - 2016-09-16 
開催地(和) 産総研 
開催地(英) AIST 
テーマ(和) マイクロ波・ミリ波,測定技術,一般 
テーマ(英) Microwave, Millimeter wave, Measurement, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2016-09-AP-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高分解能WバンドレーダFALCON-Aによる北極域雲観測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Clouds Observations with High Resolution W-band Radar FALCON-A 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Wバンドレーダ /  
キーワード(2)(和/英) FMCW レーダ /  
キーワード(3)(和/英) 雲レーダ /  
キーワード(4)(和/英) 雲観測 /  
キーワード(5)(和/英) 北極基地 /  
キーワード(6)(和/英) 北極気候 /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鷹野 敏明 / Toshiaki Takano / タカノ トシアキ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢永 賢洋 / Kenyo Yanaga / ヤナガ ケンヨウ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 河村 洋平 / Yohei Kawamura / イウラ タイチ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 井浦 太一 / Taichi Iura / モリ ダイチ
第4著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 大知 / Daichi Mori / モリヤ テッペイ
第5著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 森谷 哲平 / Teppei Moriya /
第6著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-09-15 09:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2016-87 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.218 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2016-09-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会