お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-09-05 16:45
LSTM-CTCを用いた音響イベント検出・除去音声認識システムの検討
那須 悠(元)東芝)・○藤村浩司東芝PRMU2016-69 IBISML2016-24
抄録 (和) 近年,深層学習の導入によって音声認識の性能は大幅に向上している.しかし,話し言葉の音声認識精度は読み上げ音声の認識精度に比べ依然低く,話し言葉音声認識を利用したアプリケーションはまだ多くない.話し言葉認識における音声認識精度劣化要因は多く存在する.特に,話し言葉に含まれるフィラーや言い淀み,言い誤りなどの音響イベントは,音声認識システムにとって性能の阻害要因となる.本報告では,音韻とフィラー・言い淀みを同時に識別するLSTM-CTC音響モデルを用いて,フィラー・言い淀みの検出または除去を効率良く,高精度に行う音声認識システムを提案する. 
(英) Deep learning techniques have drastically increased the speech recognition performance. However, there are few practical applications utilizing spontaneous speech recognition because of the difficulty compared to read speech recognition. Spontaneous speech is challenging to recognize due to various causes. In particular, acoustic events such as fillers and hesitation disfluencies can degrade speech recognition accuracy. In this paper, we propose a speech recognition system with simultaneous modeling of phonemes and acoustic events using an LSTM-CTC acoustic model, which efficiently detects or removes acoustic events in recognition outputs.
キーワード (和) 音声認識 / 音響モデル / LSTM / CTC / 音響イベント検出 / / /  
(英) speech recognition / acoustic modeling / LSTM / CTC / acoustic event detection / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 208, PRMU2016-69, pp. 121-126, 2016年9月.
資料番号 PRMU2016-69 
発行日 2016-08-29 (PRMU, IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2016-69 IBISML2016-24

研究会情報
研究会 PRMU IPSJ-CVIM IBISML  
開催期間 2016-09-05 - 2016-09-06 
開催地(和) 富山大学 
開催地(英)  
テーマ(和) パターン認識・機械学習基盤技術及び一人称視点・注視情報と行動理解 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2016-09-PRMU-CVIM-IBISML 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) LSTM-CTCを用いた音響イベント検出・除去音声認識システムの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Acoustic event detection and removal using LSTM-CTC for speech recognition 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音声認識 / speech recognition  
キーワード(2)(和/英) 音響モデル / acoustic modeling  
キーワード(3)(和/英) LSTM / LSTM  
キーワード(4)(和/英) CTC / CTC  
キーワード(5)(和/英) 音響イベント検出 / acoustic event detection  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 那須 悠 / Yu Nasu / ナス ユウ
第1著者 所属(和/英) (元)東芝研究開発センタ- (略称: (元)東芝)
former Corporate Research and Development Center, Toshiba Corporation (略称: former Toshiba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤村 浩司 / Hiroshi Fujimura / フジムラ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 東芝研究開発センタ- (略称: 東芝)
Corporate Research and Development Center, Toshiba Corporation (略称: Toshiba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-09-05 16:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2016-69,IEICE-IBISML2016-24 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.208(PRMU), no.209(IBISML) 
ページ範囲 pp.121-126 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2016-08-29,IEICE-IBISML-2016-08-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会