お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-09-05 13:45
全天球画像の初期視点の自動生成
原 崇之柿沼明宏田中伶実上条直裕リコーPRMU2016-62 IBISML2016-17
抄録 (和) 全天球画像を閲覧する際の初期視点を画像の内容に応じて適応的に生成する方法を提案する.従来のクロッピング技術は一般的な画角で撮影された平面画像を対象としており,全天球画像に直接適用することができない.提案手法では,全天球画像を複数の平面画像に分割し,個々の画像における処理結果から画像間の相互関係を考慮して大局的な顕著性マップを算出し,視点を生成する.これらの一連の処理を1つの深層ニューラルネットワークで構成し学習することで,全体最適された視点生成処理系を得る.実験により,提案手法は人手で設定された初期視点を効果的に推定でき,官能評価により,生成された視点は87%が許容可能であることを示す. 
(英) We present an automatic initial view generation method for a 360 degree panoramic image adaptive to the image contents. Conventional image cropping methods cannot be adapted to the 360 degree panoramic image, because these methods are designed for plane images of typical angle of view. Our method first extracts partial features for each plane image which is re-projected from an input image, then integrates a global saliency map by considering correlation between the planes, which finally delivers an initial view. These processes are constructed by a deep neural network to acquire an overall optimized processing system. Experiments show the proposed method estimates initial views generated by humans effectively and 87% of automatically generated initial views are acceptable to users in subjective assessments.
キーワード (和) 全天球画像 / 初期視点 / クロッピング / 構図調整 / 視覚的顕著性 / 深層学習 / /  
(英) Spherical image / Initial view / Image cropping / Composition adjustment / Saliency / Deep learning / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 208, PRMU2016-62, pp. 83-88, 2016年9月.
資料番号 PRMU2016-62 
発行日 2016-08-29 (PRMU, IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2016-62 IBISML2016-17

研究会情報
研究会 PRMU IPSJ-CVIM IBISML  
開催期間 2016-09-05 - 2016-09-06 
開催地(和) 富山大学 
開催地(英)  
テーマ(和) パターン認識・機械学習基盤技術及び一人称視点・注視情報と行動理解 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2016-09-PRMU-CVIM-IBISML 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 全天球画像の初期視点の自動生成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Automatic Initial View Generation for 360 Degree Panoramic Images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 全天球画像 / Spherical image  
キーワード(2)(和/英) 初期視点 / Initial view  
キーワード(3)(和/英) クロッピング / Image cropping  
キーワード(4)(和/英) 構図調整 / Composition adjustment  
キーワード(5)(和/英) 視覚的顕著性 / Saliency  
キーワード(6)(和/英) 深層学習 / Deep learning  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 崇之 / Takayuki Hara / ハラ タカユキ
第1著者 所属(和/英) 株式会社リコー (略称: リコー)
Ricoh Company, Ltd. (略称: Ricoh)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 柿沼 明宏 / Akihiro Kakinuma / カキヌマ アキヒロ
第2著者 所属(和/英) 株式会社リコー (略称: リコー)
Ricoh Company, Ltd. (略称: Ricoh)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 伶実 / Satomi Tanaka / タナカ サトミ
第3著者 所属(和/英) 株式会社リコー (略称: リコー)
Ricoh Company, Ltd. (略称: Ricoh)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 上条 直裕 / Naohiro Kamijo / カミジョウ ナオヒロ
第4著者 所属(和/英) 株式会社リコー (略称: リコー)
Ricoh Company, Ltd. (略称: Ricoh)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-09-05 13:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2016-62,IEICE-IBISML2016-17 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.208(PRMU), no.209(IBISML) 
ページ範囲 pp.83-88 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2016-08-29,IEICE-IBISML-2016-08-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会