お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-09-05 16:00
細粒度再構成可能デバイスMPLDのIOを考慮したSOMベース配置手法
田中智大谷川一哉弘中哲夫広島市大)・石黒 隆太陽誘電RECONF2016-30
抄録 (和) 本研究では教師無し学習である自己組織化マップ(Self-Organizing Maps)を用いたFPGA配置手法を細粒度再構成可能デバイスMPLDへ適用し,有用性を確認する.
配置時にはネットリスト中のIOをMPLDアレイ上の外周へ配置し,ネットリスト中の論理モジュールをその内部へ配置を行うように考慮した.
今回SOMの入力ベクトルには,ネットリストの接続関係を元に作成した入力ベクトル,IOとの距離を元に作成した入力ベクトルの計2種類を実装した.
SOMベース配置手法の有用性を評価するために配線成功率,クリティカルパス長,総配線長を評価した.
ネットリストに深さ5の二分木を用いた評価の結果,配線成功率は接続関係を元に作成した入力ベクトルを用いたSOM配置手法では86%,IOとの距離を元に作成した入力ベクトルを用いたSOM配置手法では78%という結果を得ることができた. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) 自己組織化マップ / FPGA / MPLD / 配置配線 / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 210, RECONF2016-30, pp. 29-34, 2016年9月.
資料番号 RECONF2016-30 
発行日 2016-08-29 (RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード RECONF2016-30

研究会情報
研究会 RECONF  
開催期間 2016-09-05 - 2016-09-06 
開催地(和) 富山大学 
開催地(英) Univ. of Toyama 
テーマ(和) リコンフィギャラブルシステム、一般 
テーマ(英) Reconfigurable Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RECONF 
会議コード 2016-09-RECONF 
本文の言語 日本語(英語タイトルなし) 
タイトル(和) 細粒度再構成可能デバイスMPLDのIOを考慮したSOMベース配置手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英)  
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自己組織化マップ /  
キーワード(2)(和/英) FPGA /  
キーワード(3)(和/英) MPLD /  
キーワード(4)(和/英) 配置配線 /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 智大 / Tomohiro Tanaka / タナカ トモヒロ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷川 一哉 / Kazuya Tanigawa / タニガワ カズヤ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 弘中 哲夫 / Tetsuo Hironaka / ヒロナカ テツオ
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 石黒 隆 / Takashi Ishiguro / イシグロ タカシ
第4著者 所属(和/英) 太陽誘電株式会社 (略称: 太陽誘電)
Taiyo Yuden Co.,Ltd (略称: Taiyo Yuden)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-09-05 16:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RECONF 
資料番号 IEICE-RECONF2016-30 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.210 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RECONF-2016-08-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会