お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-09-02 10:35
[招待講演]ブロッキングセット列挙による光通信網の信頼性評価手法
橋本 仁内海富博秋田大)・井上 武NTTPN2016-22
抄録 (和) 複数の対向ノード間で通信路が設定されている光ネットワーク内で,1つまたは複数の光リンクの故障を想定した場合の信頼性評価手法を提案する.故障リンクを使用しないように,ネットワークの接続構成を変更しようとした場合でも,通信路確保ができないという致命的なリンク故障に注目する.グラフ列挙ライブラリgraphillionを使用することで,このようなリンク故障をすべて列挙する方法を提案する.ネットワークのモデル化,モデル化に起因する課題と解決法,計算例と考察を述べる. 
(英) We propose availability estimation method of the photonic network in which more than one traffic demands are accommodated. Minimal blocking sets (MBS) are considered to be sets of critical link impairment in the mean that any reconfiguration could not keep connectivity. Graphillion based on ZDD data structure provides powerful tool for enumerating subgraphs in Graph. We introduce a modeling suitable for graphillion of photonic WDM network. Examples of MBS calculation are presented.
キーワード (和) フォトニックネットワーク / ネットワーク信頼性 / ブロッキングセット / Graphillion / 再構成 / / /  
(英) photonic network / reliability / availability / link failure / blocking set / Graphillion / reconfiguration /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 205, PN2016-22, pp. 45-51, 2016年9月.
資料番号 PN2016-22 
発行日 2016-08-25 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2016-22

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2016-09-01 - 2016-09-02 
開催地(和) KKRはこだて 
開催地(英) KKR Hakodate 
テーマ(和) フォトニックネットワーク関連技術、一般 
テーマ(英) Photonic network technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2016-09-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ブロッキングセット列挙による光通信網の信頼性評価手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Availability Analyses for Photonic Network by Minimal Blocking Set using ZDD based Graphillion 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) フォトニックネットワーク / photonic network  
キーワード(2)(和/英) ネットワーク信頼性 / reliability  
キーワード(3)(和/英) ブロッキングセット / availability  
キーワード(4)(和/英) Graphillion / link failure  
キーワード(5)(和/英) 再構成 / blocking set  
キーワード(6)(和/英) / Graphillion  
キーワード(7)(和/英) / reconfiguration  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 仁 / Masashi Hashimoto / ハシモト マサシ
第1著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 内海 富博 / Tomihiro Utsumi / ウツミ トミヒロ
第2著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 武 / Takeru Inoue / イノウエ タケル
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-09-02 10:35:00 
発表時間 35 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2016-22 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.205 
ページ範囲 pp.45-51 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-PN-2016-08-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会