電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-09-02 16:00
[招待講演]漸近的に公開鍵が短い格子に基づく適応的攻撃者に対して安全なIDベース暗号
山田翔太産総研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では,格子に基づく適応的安全なIDベース暗号方式を二つ提案する.公開鍵長,暗号文長,秘密鍵長はそれぞれ,$tilde{O}(n^2 kappa^{1/d})$,$tilde{O}(n)$,$tilde{O}(n)$である.ここで,$n$はセキュリティパラメータ,$kappa$はID長,自然数$d$は,任意に設定できる定数である.対数多項式の項を無視すると,我々の提案方式は二つとも,適応的安全な格子に基づくIDベース暗号の中では漸近的に最良の効率性を達成している.

より詳細には,我々の一つ目の方式は平文秘匿性に加えて匿名性を,近似因子$n^{omega(1)}$のLWE仮定の下で証明が可能である.我々の二つ目の方式は匿名性は持たないが,$n$に関する全ての多項式に関して,これを近似因子とするLWEを仮定することによって平文秘匿性を証明することが可能である.後者は前者よりも弱い仮定であることに注意されたい.

さらに,類似のアイデアに基づき, (1)短い鍵長,(2)全ての多項式近似因子のLWEに基づく安全性,(3)任意長の分岐プログラムを扱うことが可能な機能性の全てを達成した初の属性ベース暗号方式を提案した. 
(英) In this paper, we present two new adaptively secure identity-based encryption schemes from lattices. The size of the public parameters, ciphertexts, and private keys are $tilde{O}(n^2 kappa^{1/d})$, $tilde{O}(n)$, and $tilde{O}(n)$ respectively. Here, $n$ is the security parameter, $kappa$ is the length of the identity, and $din mathbb{N}$ is a flexible constant number that can be set arbitrary. Ignoring the poly-logarithmic factors hidden in the asymptotic notation, our schemes
achieve the best efficiency among existing adaptively secure IBE schemes from lattices.

In more detail, our first scheme is anonymous, but proven secure under the LWE assumption with approximation factor $n^{omega(1)}$. Our second scheme is not anonymous, but proven adaptively secure assuming the LWE assumption for all polynomial approximation factors.

Furthermore, based on a similar idea, we show an attribute-based encryption for branching programs that simultaneously satisfy the following properties for the first time: The construction achieves compact secret keys, the security is proven from the LWE assumption with polynomial approximation factor, and the scheme can deal with unbounded length branching programs.
キーワード (和) IDベース暗号 / 適応的安全性 / 格子 / 短い公開化議長 / / / /  
(英) identity-based encryption / adaptive security / lattices / short public parameters / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 207, ISEC2016-48, pp. 59-59, 2016年9月.
資料番号 ISEC2016-48 
発行日 2016-08-26 (ISEC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC  
開催期間 2016-09-02 - 2016-09-02 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2016-09-ISEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 漸近的に公開鍵が短い格子に基づく適応的攻撃者に対して安全なIDベース暗号 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Adaptively Secure Identity-Based Encryption Scheme from Lattices with Asymptotically Shorter Public Parameters 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IDベース暗号 / identity-based encryption  
キーワード(2)(和/英) 適応的安全性 / adaptive security  
キーワード(3)(和/英) 格子 / lattices  
キーワード(4)(和/英) 短い公開化議長 / short public parameters  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 翔太 / Shota Yamada /
第1著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-09-02 16:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2016-48 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.207 
ページ範囲 p.59 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-ISEC-2016-08-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会