電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-09-02 15:30
[招待講演]Progressive BKZアルゴリズムを用いた格子暗号の安全性評価(Eurocrypt 2016より)
青野良範NICT)・Yuntao Wang九大)・林 卓也NICT)・高木 剛九大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 格子暗号を社会で運用するためには、実用的なパラメータの選定が必要である。そのためには、解読アルゴリズムについて漸近的な評価だけではなく、50~300ビット程度の現実に使われる範囲における計算量評価を正確に行う必要がある。本公演では、著者らがEurocrypt 2016において発表した内容の概要と、それを用いた格子暗号の安全性評価について発表する。 
(英) We introduce the paper “Improved Progressive BKZ Algorithms and their Precise Cost Estimation by Sharp Simulator” in Eurocrypt 2016, and some related works.
キーワード (和) 格子基底簡約 / BKZアルゴリズム / 安全性評価 / 実装 / SVP Challenge / / /  
(英) Lattice basis reduction / BKZ algorithm / Security estimation, / implementation / SVP Challenge / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 207, ISEC2016-47, pp. 57-57, 2016年9月.
資料番号 ISEC2016-47 
発行日 2016-08-26 (ISEC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC  
開催期間 2016-09-02 - 2016-09-02 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2016-09-ISEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Progressive BKZアルゴリズムを用いた格子暗号の安全性評価(Eurocrypt 2016より) 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Security estimation for lattice based cryptosystems by progressive BKZ algorithm (From Eurocrypt 2016) 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 格子基底簡約 / Lattice basis reduction  
キーワード(2)(和/英) BKZアルゴリズム / BKZ algorithm  
キーワード(3)(和/英) 安全性評価 / Security estimation,  
キーワード(4)(和/英) 実装 / implementation  
キーワード(5)(和/英) SVP Challenge / SVP Challenge  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 青野 良範 / Yoshinori Aono / アオノ ヨシノリ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Yuntao Wang / Yuntao Wang / オウ イントウ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Graduate School of Mathematics, Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 卓也 / Takuya Hayashi / ハヤシ タクヤ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 剛 / Tsuyoshi Takagi / タカギ ツヨシ
第4著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Graduate School of Mathematics, Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-09-02 15:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2016-47 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.207 
ページ範囲 p.57 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-ISEC-2016-08-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会