電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-09-02 14:35
Channel Resolvability over Single and Compound Channels
Hideki YagiUEC
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 一様乱数を変換して与えられた通信路の出力分布を近似する際に,必要となる一様乱数のサイズのレート(resolvabilityレート)の最小値を求める問題は通信路resolvability問題と呼ばれる.固定した入力確率分布に対する通信路resolvability問題における最少resolvabilityレートの一般公式は,特別な場合を除いて知られていない.本稿では,目標の出力分布を誘導する一般情報源と一般通信路の組に対する最少resolvabilityレートの一般公式を導出する.また,複数の通信路の集合(複合通信路)が与えられたもとで,全ての通信路からの出力分布を近似することを要請する複合通信路resolvability問題を導入し,最適なresolvabilityレートの一般公式を与える. 
(英) In the problem of channel resolvability, where a given output probability distribution via a channel is approximated by transforming the uniform random numbers, characterizing the asymptotically minimum rate of the size of the random numbers, called the resolvability rate, has been open. In this paper, we derive a general formula for the minimum resolvability rate for a given general source and channel pair. We then introduce a new problem in which the output approximation should be guaranteed over a set of general channels, called compound channels. The general formula for the minimum resolvability rate is established for at most countably many compound channels.
キーワード (和) 通信路resolvability / 出力近似 / 複合通信路 / resolvability レート / 情報スペクトル / / /  
(英) channel resolvability / output approximation / compound channel / resolvability rate / information spectrum / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 206, IT2016-41, pp. 41-46, 2016年9月.
資料番号 IT2016-41 
発行日 2016-08-26 (IT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT  
開催期間 2016-09-02 - 2016-09-02 
開催地(和) ニューハートピア 
開催地(英) New Heartpia 
テーマ(和) 誤り訂正符号,一般(「誤り訂正符号のワークショップ」と併催) 
テーマ(英) error correcting codes, general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2016-09-IT 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Channel Resolvability over Single and Compound Channels 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 通信路resolvability / channel resolvability  
キーワード(2)(和/英) 出力近似 / output approximation  
キーワード(3)(和/英) 複合通信路 / compound channel  
キーワード(4)(和/英) resolvability レート / resolvability rate  
キーワード(5)(和/英) 情報スペクトル / information spectrum  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 八木 秀樹 / Hideki Yagi / ヤギ ヒデキ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-09-02 14:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2016-41 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.206 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2016-08-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会