お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-09-02 10:00
知覚明度を考慮した食べ物画像の明度及び彩度の強調
上田千晶山口大)・畔津忠博山口県立大)・末竹規哲内野英治山口大SIS2016-24
抄録 (和) 食べ物の色は暖色系を中心としているため,暖色系の色の鮮やかさが大きいと美味しく見える.しかし,照明が足りない飲食店内で撮影された食べ物画像は美味しそうに見えない場合がある.本研究では,知覚明度を考慮した食べ物画像の明度及び彩度の強調を行う.
まず,LAB色空間上で色域に収まることを保証しながら,彩度低下を起こさない範囲で明度強調を行う.次に,食べ物の色相と判断された画素に対して,知覚明度を保存した彩度強調を行う.このとき,低彩度画素の彩度強調が過度に行われないよう,画素毎に彩度強調パラメータを適応的に変化させる.種々の画像を用いて実験を行い,提案手法の有効性を確認する. 
(英) In a food image acquired by a digital camera, its intensity and saturation components are sometimes decreased depending on the illumination environment. In this report, saturation and lightness enhancement method considering perceived lightness for food images is proposed. In this method, at first, the lightness components are enhanced in a range of preserved saturation. Secondly, the saturation components are enhanced keeping perceived lightness. Then it is enhanced only the regions of the food color. The parameter of the saturation enhancement is calculated so that the saturation of the low saturation pixels are not enhanced excessively. In this study, to illustrate the effectiveness of the proposed method, the enhancement experiments using various food images are done.
キーワード (和) 彩度強調 / 明度変換 / 食べ物画像 / Helmholtz-Kohlrausch効果 / / / /  
(英) Saturation enhancement / Lightness enhancement / Food image / Helmholtz-Kohlrausch effect / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 204, SIS2016-24, pp. 47-52, 2016年9月.
資料番号 SIS2016-24 
発行日 2016-08-25 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIS2016-24

研究会情報
研究会 SIS IPSJ-AVM  
開催期間 2016-09-01 - 2016-09-02 
開催地(和) 大阪電気通信大学 
開催地(英) Osaka Electro-Communication Univ. 
テーマ(和) 知的マルチメディアシステム,一般 
テーマ(英) Knowledge Multimedia Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2016-09-SIS-AVM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 知覚明度を考慮した食べ物画像の明度及び彩度の強調 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Saturation and Lightness Enhancement Method Considering Perceived Lightness for Food Images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 彩度強調 / Saturation enhancement  
キーワード(2)(和/英) 明度変換 / Lightness enhancement  
キーワード(3)(和/英) 食べ物画像 / Food image  
キーワード(4)(和/英) Helmholtz-Kohlrausch効果 / Helmholtz-Kohlrausch effect  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 千晶 / Chiaki Ueda / ウエダ チアキ
第1著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 畔津 忠博 / Tadahiro Azetsu / アゼツ タダヒロ
第2著者 所属(和/英) 山口県立大学 (略称: 山口県立大)
Yamaguchi Prefectural University (略称: Yamaguchi Prefectural Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 末竹 規哲 / Noriaki Suetake / スエタケ ノリアキ
第3著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 内野 英治 / Eiji Uchino / ウチノ エイジ
第4著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-09-02 10:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2016-24 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.204 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2016-08-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会