電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-09-02 10:40
平行二線路を用いた電力と情報のワイヤレス同時伝送の提案
金子裕哉ズオン・クアン タン東野武史岡田 実奈良先端大SIS2016-26
抄録 (和) 磁界結合に基づいた無線電力伝送では,給電が可能な範囲を広げるために多数のコイルを面的に配置する方法が従来からある.
これに対し筆者らは平行二線給電線を長く配置することで構成の簡易化を図ってきた.
このシステムでは,波長が短い13.56~MHzのISMバンドを利用しても,定在波の影響を抑制しつつ,センサノード等広範囲に分布する多数受電対象への給電を可能にしている.
本稿では,13.56~MHz電力搬送波に,$pm$100kHz副搬送波をASK (Amplitude Shift-Keying) 変調することで平行二線式ワイヤレス電力・情報の同時伝送を実装し,実験により有効性を明らかにした. 
(英) In order to widen feeding coverage, multiple inductive coils are required to spread out at feeding area in the Wireless Power Transfer (WPT) technology.
On the contrary, authors have proposed to arrange the parallel feeder lines to the feeding area and promoted to simplify the transmitter configuration as compared with
multiple coils.
In the parallel line feeder system, even using 13.56~MHz ISM band, a carrier of short wavelength, one is able to mitigate impact of standing wave to wirelessly charge multiple power-receivers located in wide area.
This paper shows that one is also able to perform simultaneous wireless information and power transfer (SWIPT) with the parallel line feeder system by ASK (Amplitude Shift-Keying) modulating the 13.56~MHz carrier with $pm$ 100~kHz subcarrier. We implemented transceiver circuits and carried experiments to evaluate the system performances.
キーワード (和) 電力・情報同時伝送 / 無線電力伝送 / 平行二線路 / 磁界結合 / / / /  
(英) simultaneous wireless information and power transfer / wireless power transfer / parallel line feeder / magnetic coupling / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 204, SIS2016-26, pp. 59-63, 2016年9月.
資料番号 SIS2016-26 
発行日 2016-08-25 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIS2016-26

研究会情報
研究会 SIS IPSJ-AVM  
開催期間 2016-09-01 - 2016-09-02 
開催地(和) 大阪電気通信大学 
開催地(英) Osaka Electro-Communication Univ. 
テーマ(和) 知的マルチメディアシステム,一般 
テーマ(英) Knowledge Multimedia Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2016-09-SIS-AVM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 平行二線路を用いた電力と情報のワイヤレス同時伝送の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of Simultaneous Wireless Transfer of Information and Power Using Parallel Lines 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電力・情報同時伝送 / simultaneous wireless information and power transfer  
キーワード(2)(和/英) 無線電力伝送 / wireless power transfer  
キーワード(3)(和/英) 平行二線路 / parallel line feeder  
キーワード(4)(和/英) 磁界結合 / magnetic coupling  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 裕哉 / Yuya Kaneko / カネコ ユウヤ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) ズオン・クアン タン / Duong Quang Thang / ズオン・クアン タン
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 東野 武史 / Takeshi Higashino / ヒガシノ タケシ
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 実 / Minoru Okada / オカダ ミノル
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-09-02 10:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2016-26 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.204 
ページ範囲 pp.59-63 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SIS-2016-08-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会