電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-09-02 09:45
ランダム二等分割カットの安全な実行に関する考察
上田 格西村明紘東北大)・林 優一東北学院大)・水木敬明曽根秀昭東北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) カード組を用いることで秘密計算を実現できることが知られている.特に2009年にランダム二等分割カットというシャッフル方法が考案されて以来,そのシャッフルを用いた効率的なプロトコルが数多く提案されている.ランダム二等分割カットはカード列を二等分割しそれらの部分列をランダムに入れ替えるシャッフルであり,部分列が入れ替わるかそのままであるかの二つの状態のどちらかになる.わずか2状態しかないため,ランダム二等分割カットを実際に実行する際に,目視によりシャッフルの結果が漏えいするのではないかという指摘が度々あった.そこで本研究では,ランダム二等分割カットを安全に実行するための具体的な手法をいくつか提案する. 
(英) Using a deck of cards, we can realize a secure computation. Especially, since a random bisection cut was devised in 2009, many effective protocols have been designed. The cut works as follows. A deck of cards is bisected and the two parts of the deck are swapped randomly. Therefore, the cut results in two cases, depending on whether the two parts of the deck are swapped or not. As we have only two states when we execute the cut, it has been indicated that it could sometimes leak information on the result of the shuffle visually. Thus, in this paper, we propose some methods to realize the random bisection cut without leaking such information.
キーワード (和) カードベース暗号 / 秘密計算 / カード組 / カードゲーム / / / /  
(英) Card-Based Cryptography / Secure Multi-Party Computation / Deck of Cards / Card Games / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 207, ISEC2016-38, pp. 1-7, 2016年9月.
資料番号 ISEC2016-38 
発行日 2016-08-26 (ISEC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC  
開催期間 2016-09-02 - 2016-09-02 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2016-09-ISEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ランダム二等分割カットの安全な実行に関する考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Note on Secure Execution of Random Bisection Cut 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カードベース暗号 / Card-Based Cryptography  
キーワード(2)(和/英) 秘密計算 / Secure Multi-Party Computation  
キーワード(3)(和/英) カード組 / Deck of Cards  
キーワード(4)(和/英) カードゲーム / Card Games  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 格 / Itaru Ueda / ウエダ イタル
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 明紘 / Akihiro Nishimura / ニシムラ アキヒロ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 優一 / Yu-ichi Hayashi / ハヤシ ユウイチ
第3著者 所属(和/英) 東北学院大学 (略称: 東北学院大)
Tohoku Gakuin University (略称: Tohoku Gakuin Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 水木 敬明 / Takaaki Mizuki / ミズキ タカアキ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 曽根 秀昭 / Hideaki Sone / ソネ ヒデアキ
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-09-02 09:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2016-38 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.207 
ページ範囲 pp.1-7 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-ISEC-2016-08-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会