電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-09-02 14:50
GUIを用いた暗号開発環境への安全性評価機能の実装
中村聡宏岩井啓輔松原 隆黒川恭一防衛大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 暗号における安全性評価は,暗号開発と表裏一体の関係にある.
安全性評価とは,その暗号が解読に対してどれだけ強いかを評価することであり,評価方法は様々だが,その基本は暗号を構成する小さな部品から安全性を評価していく.
本研究では,GUIを用いた暗号開発環境SPTへ安全性評価機能を実装し,評価した.
本開発環境は,ブロック暗号をから暗号プログラムへ変換するものであるが,その開発環境に対して,設計した暗号プログラムの最大線形確率及び最大差分確率を計算するプログラムを自動生成する機能を実装し,その実効性を評価した. 
(英) Security evaluation on cryptography and cryptography development
are two sides of the same coin.
Security evaluation is an evaluation method of the cryptography's strength.
There are many ways of evaluation, but the basic way is to evaluate the security from the small parts which make up the encryption.
In this study, we implemented and assessed security evaluation function to the cryptographic development environment using GUI named SPT.
This development environment is intended to convert the block cipher from figures to encryption program.
A program was designed to add the ability to calcualte the maximum linear and differential probability of encryption program.
Its effectiveness is also presented.
キーワード (和) 暗号 / GUI / 開発環境 / 安全性評価 / 最大線形確率 / 最大差分確率 / /  
(英) Cryptography / GUI / Development Environment / Security evaluation / maximum linear probability / maximum differential probability / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 207, ISEC2016-46, pp. 49-56, 2016年9月.
資料番号 ISEC2016-46 
発行日 2016-08-26 (ISEC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC  
開催期間 2016-09-02 - 2016-09-02 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2016-09-ISEC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) GUIを用いた暗号開発環境への安全性評価機能の実装 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Implementation of security evaluation function on a Development Environment of Cryptography using GUI 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 暗号 / Cryptography  
キーワード(2)(和/英) GUI / GUI  
キーワード(3)(和/英) 開発環境 / Development Environment  
キーワード(4)(和/英) 安全性評価 / Security evaluation  
キーワード(5)(和/英) 最大線形確率 / maximum linear probability  
キーワード(6)(和/英) 最大差分確率 / maximum differential probability  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 聡宏 / Toshihiro Nakamura / ナカムラ トシヒロ
第1著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: NDA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩井 啓輔 / Keisuke Iwai / イワイ ケイスケ
第2著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: NDA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松原 隆 / Takashi Matsubara / マツバラ タカシ
第3著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: NDA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒川 恭一 / Takakazu Kurokawa / クロカワ タカカズ
第4著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: NDA)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-09-02 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2016-46 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.207 
ページ範囲 pp.49-56 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-ISEC-2016-08-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会