電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-09-02 10:25
$q$元入力一般化消失通信路の多段分極によるPolar符号の構成と符号化および復号化
木内智之阪井祐太岩田賢一福井大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Polar符号を考えるとき,Polar変換において考慮するアルファベットサイズは変換回数の2重指数関数的に増大し,その解析において一般には困難性を伴う.
これに対して,2元消失通信路に対するPolar変換では考慮するアルファベットサイズを固定したまま,消失確率を再帰的に計算することで容易に解析できる.
また,法$q$の演算に基づくPolar変換において2元消失通信路と同様に考慮するアルファベットサイズを固定してPolar変換の解析が可能である$q$元入力一般化消失通信路がある.
本稿では,$q$元入力一般化消失通信路におけるPolar符号の符号化と符号構成および復号化について考察をおこなう. 
(英) On polar codes, the size of the alphabet to be considered grows double-exponentially with the number of polar transformations.
As for binary erasure channels case, we can analyze the polar transformation of the binary erasure channel by the recursive calculations for the erasure probabilities with the fixed size of the alphabet.
There are $q$-ary input generalized erasure channels, whose polar
transformation can be analyzed by the recursive calculations for the
erasure probabilities with the fixed size of the alphabet.
We consider the encoding, code construction, and decoding of polar
codes for $q$-ary input generalized erasure channels.
キーワード (和) Polar符号 / Polar変換 / 多段分極 / $q$元入力一般化消失通信路 / / / /  
(英) polar codes / polar transformation / multilevel polarization / $q$-ary input generalized erasure channels / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 206, IT2016-36, pp. 13-18, 2016年9月.
資料番号 IT2016-36 
発行日 2016-08-26 (IT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT  
開催期間 2016-09-02 - 2016-09-02 
開催地(和) ニューハートピア 
開催地(英) New Heartpia 
テーマ(和) 誤り訂正符号,一般(「誤り訂正符号のワークショップ」と併催) 
テーマ(英) error correcting codes, general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2016-09-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) $q$元入力一般化消失通信路の多段分極によるPolar符号の構成と符号化および復号化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Construction, Encoding, and Decoding of Polar Codes with Multilevel Polarization for $q$-Ary Input Generalized Erasure Channels 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Polar符号 / polar codes  
キーワード(2)(和/英) Polar変換 / polar transformation  
キーワード(3)(和/英) 多段分極 / multilevel polarization  
キーワード(4)(和/英) $q$元入力一般化消失通信路 / $q$-ary input generalized erasure channels  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木内 智之 / Tomoyuki Kiuchi / キウチ トモユキ
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪井 祐太 / Yuta Sakai / サカイ ユウタ
第2著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩田 賢一 / Ken-ichi Iwata / イワタ ケンイチ
第3著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-09-02 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2016-36 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.206 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2016-08-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会