お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-08-26 09:30
DSP負荷低減に向けた強結合2 LPモードリングコア光ファイバ
森 崇嘉坂本泰志和田雅樹漆原 梓山本貴司中島和秀NTTOCS2016-31
抄録 (和) 近年,光ファイバ伝送の大容量化に向けて,光ファイバ中の複数の伝搬モードを伝送チャネルとして利用するモード多重技術が注目されている.モード多重伝送において,モード間の損失差や遅延差が課題となるが,その緩和手段としてモード結合の積極的な利用が提案されている.今回,S字曲げモデルにより最適設計した結合型2 LPモードリングコア光ファイバを試作し,15.4 kmの試作ファイバについて,インパルス応答拡がりをDMDの設計値の1/10に低減することが出来た.また,6 × 6 MIMO伝送実験を行い,試作した光ファイバ中のモード結合がDSP負荷低減に効果的であることを実証した. 
(英) Mode-division multiplexing (MDM) transmission using few-mode fiber (FMF) is considered a promising technology for dealing with the capacity crunch faced by optical fiber communication networks employing conventional optical fiber. In MDM transmission, differential modal attenuation and delay become problem, but the active use of the mode coupling is suggested as the mean of relaxation. In this work, we fabricated a coupled 2 LP mode ring core fiber (RCF) with optimized the sigmoid bending model and realized to reduce the impulse response width of the 15.4 km fabricated RCF to 1/10 compared to the designed DMD. Finally, we conducted 6 × 6 MIMO transmission experiment and successfully reduced the DSP complexity by the mode coupling in the fabricated RCF.
キーワード (和) 数モードファイバ / モード多重伝送 / モード結合 / / / / /  
(英) Few-mode fiber / Mode-division-multiplexed transmission / Mode coupling / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 197, OCS2016-31, pp. 33-38, 2016年8月.
資料番号 OCS2016-31 
発行日 2016-08-18 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2016-31

研究会情報
研究会 OCS OFT LSJ  
開催期間 2016-08-25 - 2016-08-26 
開催地(和) 千歳アルカディア・プラザ 
開催地(英) Chitose-alcadia plaza 
テーマ(和) 通信用光ファイバ,光ファイバコード・ケーブル,機能性光ファイバ,空間分割多重(SDM)光ファイバ技術,光接続・コネクタ・配線技術,光インターコネクション,光線路保守監視・試験技術,光ファイバ測定技術,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2016-08-OCS-OFT-LSJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) DSP負荷低減に向けた強結合2 LPモードリングコア光ファイバ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Strongly-Coupled Two-LP-mode Ring-Core Fiber for Reduction of DSP Complexity 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 数モードファイバ / Few-mode fiber  
キーワード(2)(和/英) モード多重伝送 / Mode-division-multiplexed transmission  
キーワード(3)(和/英) モード結合 / Mode coupling  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 崇嘉 / Takayoshi Mori / モリ タカヨシ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 泰志 / Taiji Sakamoto / サカモト タイジ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 雅樹 / Masaki Wada / ワダ マサキ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 漆原 梓 / Azusa Urushibara / ウルシバラ アズサ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 貴司 / Takashi Yamamoto / ヤマモト タカシ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 中島 和秀 / Kazuhide Nakajima / ナカジマ カズヒデ
第6著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-08-26 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2016-31 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.197 
ページ範囲 pp.33-38 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2016-08-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会