お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-08-25 16:25
周期分極反転ニオブ酸リチウムデバイスの縦続二次非線形光学効果を用いた全光ゲートスイッチの数値解析 ~ 周期誤差のパターン効果 ~
松浦大智福地 裕東京理科大OCS2016-29
抄録 (和) 本研究では、周期分極反転ニオブ酸リチウムデバイスの縦続二次非線形光学効果を用いた全光ゲートスイッチにおけるデバイス作製誤差が出力特性に及ぼす影響について数値解析を行った。この結果、分極反転周期のバラツキのパターンの違いによって出力信号品質が大きく変化することがわかった。 
(英) We numerically calculate characteristics of all-optical gate switches using the cascaded second-order nonlinear effect in periodically poled lithium niobate devices with consideration for the device fabrication error. The period error causes decrease in the power of the switched output. Stochastic variation of the period error also varies the quality of the output signal.
キーワード (和) 非線形光学 / ゲートスイッチ / 擬似位相整合 / 周期分極反転ニオブ酸リチウム / / / /  
(英) Nonlinear optics / gate switch / quasi-phase matching / periodically poled lithium niobate / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 197, OCS2016-29, pp. 21-25, 2016年8月.
資料番号 OCS2016-29 
発行日 2016-08-18 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2016-29

研究会情報
研究会 OCS OFT LSJ  
開催期間 2016-08-25 - 2016-08-26 
開催地(和) 千歳アルカディア・プラザ 
開催地(英) Chitose-alcadia plaza 
テーマ(和) 通信用光ファイバ,光ファイバコード・ケーブル,機能性光ファイバ,空間分割多重(SDM)光ファイバ技術,光接続・コネクタ・配線技術,光インターコネクション,光線路保守監視・試験技術,光ファイバ測定技術,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2016-08-OCS-OFT-LSJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 周期分極反転ニオブ酸リチウムデバイスの縦続二次非線形光学効果を用いた全光ゲートスイッチの数値解析 
サブタイトル(和) 周期誤差のパターン効果 
タイトル(英) Numerical Analyses of All-Optical Gate Switches Using Cascaded Second-Order Nonlinear Effect in Periodically Poled Lithium Niobate Devices 
サブタイトル(英) Pattern Effect of Period Error 
キーワード(1)(和/英) 非線形光学 / Nonlinear optics  
キーワード(2)(和/英) ゲートスイッチ / gate switch  
キーワード(3)(和/英) 擬似位相整合 / quasi-phase matching  
キーワード(4)(和/英) 周期分極反転ニオブ酸リチウム / periodically poled lithium niobate  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松浦 大智 / Taichi Matsuura / マツウラ タイチ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福地 裕 / Yutaka Fukuchi / フクチ ユタカ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-08-25 16:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2016-29 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.197 
ページ範囲 pp.21-25 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-OCS-2016-08-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会