お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-08-25 14:30
近赤外カメラを用いたマルチコアファイバのクロストーク測定
斉藤翔太安間淑通佐々木雄佑竹永勝宏愛川和彦フジクラOCS2016-26
抄録 (和) 光通信トラフィックの増大に対応するため,空間分割多重技術の一つとしてマルチコアファイバ(Multi-Core Fibers : MCFs)が注目されている.MCFは結合コア型と非結合コア型に大きく分けられるが,非結合型MCFでは,近年,コア数が20以上のMCFが報告されている.非結合MCFにおいてはコア間クロストーク(Inter-Core Crosstalk : XT)の低減ならびに評価が必要となる.本報告では,従来のパワーメータを用いたXT測定法に代わり,新たに近赤外カメラを用いたXT測定法を提案する.我々が提案する方法では,MCFの受光側の調心が不要となるため,特にコア数の多いMCFのXT測定において,測定時間の削減が期待できる.また,実験結果より-30 dB程度のXTが測定可能であることが示された. 
(英) The use of multi-core fibers (MCFs) for space-division multiplexing has a great potential for dealing with the traffic growth of the optical networks. MCFs can be basically categorized to coupled or uncoupled structures. Recently, uncoupled MCFs with more than 20 cores have been reported. In such uncoupled MCFs, reduction of inter-core crosstalk (XT) is important and consequently evaluation of the XT is needed. In this paper, we propose a new method for measuring the XT using a near-infrared camera instead of using a power meter. In our method, alignments for receiving output power from a MCF are not required. Therefore, the measurement time is expected to be shortened especially when a high-core-count MCF is measured. The experimental results show that the XT of approximately -30 dB can be evaluated by our method.
キーワード (和) マルチコアファイバ / クロストーク / 近赤外カメラ / / / / /  
(英) Multi-Core Fibers / Crosstalk / Near-Infrared Camera / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 197, OCS2016-26, pp. 7-10, 2016年8月.
資料番号 OCS2016-26 
発行日 2016-08-18 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2016-26

研究会情報
研究会 OCS OFT LSJ  
開催期間 2016-08-25 - 2016-08-26 
開催地(和) 千歳アルカディア・プラザ 
開催地(英) Chitose-alcadia plaza 
テーマ(和) 通信用光ファイバ,光ファイバコード・ケーブル,機能性光ファイバ,空間分割多重(SDM)光ファイバ技術,光接続・コネクタ・配線技術,光インターコネクション,光線路保守監視・試験技術,光ファイバ測定技術,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2016-08-OCS-OFT-LSJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 近赤外カメラを用いたマルチコアファイバのクロストーク測定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Measurement of inter-core crosstalk in multi-core fibers using a near-infrared camera 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチコアファイバ / Multi-Core Fibers  
キーワード(2)(和/英) クロストーク / Crosstalk  
キーワード(3)(和/英) 近赤外カメラ / Near-Infrared Camera  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 斉藤 翔太 / Shota Saitoh / サイトウ ショウタ
第1著者 所属(和/英) 株式会社フジクラ (略称: フジクラ)
Fujikura Ltd. (略称: Fujikura)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 安間 淑通 / Yoshimichi Amma / アンマ ヨシミチ
第2著者 所属(和/英) 株式会社フジクラ (略称: フジクラ)
Fujikura Ltd. (略称: Fujikura)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 雄佑 / Yusuke Sasaki / ササキ ユウスケ
第3著者 所属(和/英) 株式会社フジクラ (略称: フジクラ)
Fujikura Ltd. (略称: Fujikura)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹永 勝宏 / Katsuhiro Takenaga / タケナガ カツヒロ
第4著者 所属(和/英) 株式会社フジクラ (略称: フジクラ)
Fujikura Ltd. (略称: Fujikura)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 愛川 和彦 / Kazuhiko Aikawa / アイカワ カズヒコ
第5著者 所属(和/英) 株式会社フジクラ (略称: フジクラ)
Fujikura Ltd. (略称: Fujikura)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-08-25 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2016-26 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.197 
ページ範囲 pp.7-10 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OCS-2016-08-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会