お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-08-24 15:05
[招待講演]アレイ信号処理の非同期分散チャンネルへの展開
小野順貴NIISP2016-30
抄録 (和) 本講演では,著者らが近年取り組んでいる非同期分散マイクロフォンアレイについて述べる。マイクロフォンアレイ信号処理では,チャンネル間の時間差が音場の空間情報の大きな手がかりとなるため,従来はチャンネル間には厳密な同期が必要不可欠であり,その適用対象は同一A/D変換器に接続されたアレイマイクによる同期録音信号に限定されていた。我々は,非同期分散マイクロフォンアレイの枠組みにより,我々の身の回りに多数存在するスマートフォン,モバイル端末,ノートPCなどの同期していない録音機器をアレイ信号処理に活用し,実世界のあらゆる音を分析するための基礎技術を与えることを目指している。本講演では特に,音声認識と音響シーン解析への応用について紹介する。 
(英) In this talk, we introduce asynchronous distributed microphone array, which we have been working on in recent days. In microphone array signal processing, time difference of arrival between channels is a significant feature for spatial information of acoustic field. Therefore, accurate synchronization between channels was necessary in conventional microphone array and it could be applicable for signals synchronously recorded by an array microphone connected to the same A/D converter. We aim to effectively utilize asynchronous recording devices such as smartphones, mobile devices, laptop PCs which are available in our daily experiences and to provide a basic technique for analyzing any sounds in real world. In this talk, we focus on applications to speech recognition and sound scene analysis.
キーワード (和) 非同期 / 分散 / マイクロフォンアレイ / / / / /  
(英) asynchronous / distributed / microphone array / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 189, SP2016-30, pp. 19-24, 2016年8月.
資料番号 SP2016-30 
発行日 2016-08-17 (SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SP2016-30

研究会情報
研究会 SP  
開催期間 2016-08-24 - 2016-08-25 
開催地(和) 京都大学学術情報メディアセンター 
開催地(英) ACCMS, Kyoto Univ. 
テーマ(和) 音響イベント処理,一般 
テーマ(英) Audio event processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2016-08-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アレイ信号処理の非同期分散チャンネルへの展開 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Extension of Array Signal Processing to Asynchronous Distributed Channels 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 非同期 / asynchronous  
キーワード(2)(和/英) 分散 / distributed  
キーワード(3)(和/英) マイクロフォンアレイ / microphone array  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 順貴 / Nobutaka Ono / オノ ノブタカ
第1著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-08-24 15:05:00 
発表時間 60 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-SP2016-30 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.189 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SP-2016-08-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会